サポート経費精算について - Android

経費の自動検出機能の使い方 (Android)

Moneytreeの経費の自動検出設定により、手動で経費を設定する必要が無くなります。 自動検出機能をオンにすることで、取引明細を学習したAIが、経費と判断されるものを自動的に検出し、仮設定します。 仮設定した明細には、ロボットのアイコンが付き、簡単に確認することができます。 確認方法は次の通りです。

1.口座残高画面にて、ロボットアイコンが付いている明細をタップする。

Screenshot 20181030-155019-2

2.取引明細画面にて、該当の明細が経費である場合、「はい」をタップします。 経費ではない場合、「いいえ」をタップしてください。明細は、個人として保存されます。

Screenshot 20181030-155031-2

3.経費と判断された明細を個人に変更するには、取引明細画面にて、トグルを左にスライドし、「完了」をタップします。これらの変更は、AIが学習するので、次回以降の自動検出設定時に活かされます。

Screenshot 20181030-155057-2

4.経費画面にて、一括で経費として認識された明細の確認が可能です。 経費画面にて、「未作成」の取引明細をタップします。

Screenshot 20181030-155125-2

5.「経費精算書を作成」をタップします。 作成手順を全て完了してください。経費精算書の作成後、未作成の明細は「経費」として分類されます。

Screenshot 20181030-155139-2

6.経費精算書を作成後、全ての未申請の明細は「経費」として確認されます。

Screenshot 20181030-155150-2

探したいものが見つかりませんか?

サポートリクエストを送信