サポート​その他

現金記録(オススメの使い方)

現金記録の役割は、『ATMから引き出した現金の使い道を記録する』ことですが、 現金記録するのは、記録して確認したい支出のみでも問題ありません。

家計簿は面倒になって続かないものの代名詞のようになっています。 全ての支出を記録しようとすると、手入力が増えてしまい続かなくなってしまうかもしれません。 支出を管理したい、使いすぎを防ぎたい、と思う最小限の項目のみ記録いただくことで、家計簿としての意義を失わず管理いただるものと考えております。

例えば外食と、趣味の費用だけ記録する、という方法はいかがでしょうか。 記録していない分は、ATM引き出しとして言わば使途不明の支出なりますが、外食と趣味の費用の管理や使いすぎ防止にお役立ていただけます。 手入力もこの程度であれば負担が少なく、続けやすいのではないか、と考えております。

探したいものが見つかりませんか?

サポートリクエストを送信