2018年12月28日

電子決済等代行業者登録のお知らせ

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は、2018年12月27日に、電子決済等代行業者の登録(登録番号 関東財務局長(電代)第12号)を完了しました。

2018年6月1日に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」により、「電子決済等代行業」に関する新しい制度(注1)が開始されました。それに伴い、国内で金融機関とAPI(Application Programming Interface)接続を行うには、銀行法等に基づく登録が必要となり、当社は電子決済等代行業者(注2)として財務局へ登録いたしました。

当社は、個人資産管理サービス「Moneytree」および 企業向けに金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を提供し、MT LINKにおいては、金融業界を中心に、会計、融資、投資、不動産などの領域において多数の企業さまに採用いただいております。

銀行システムへの接続仕様を外部に公開するオープンAPIが金融サービスの核となっていく流れの中で、この度の電子決済等代行業者としての登録により、金融機関と緊密に連携し、さらに充実したサービスの構築に努めてまいります。

なお、当社のマーク マクダッドは一般社団法人電子決済等代行事業者協会(注3)の設立に参画し、他会員と共に金融機関の決済システムや口座情報に接続する事業者の健全な発展を目的に、理事を担当いたします。

当社は、利用者および連携金融機関への適切な情報提供を第一に、健全なエコシステムを形成し、みなさまにとって安全かつ利便性の高いサービスを提供いたします。

注1:「電子決済等代行業」制度 https://www.fsa.go.jp/common/shinsei/dendai/index.html 
注2:当社は、参照系・更新系ともに、対応しております。
注3:電子決済等代行事業者協会 https://www.fapi.or.jp/home

マネーツリーについて
マネーツリーは2012年に日本で創業し、2013年より金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」を提供している。Appleからその年の最優秀アプリとして2年連続選出される。2015年より企業向けの金融インフラサービス「MT LINK」の提供を開始し、金融系APIの業界標準に。2017年にはオーストラリア市場に進出。創業初期より米国セールスフォース・ドットコム、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受けている。マネーツリーは人々に信頼される金融プラットフォームになることを目指している。

会社概要
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:13.3億円(資本準備金を含む)
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト: http://moneytree.jp

本件に関するお問い合わせ
マネーツリー株式会社 広報窓口までご連絡ください。