2018年10月30日

「おカネレコプラス」10月30日から開始

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、 以下「当社」)の金融インフラサービス「MT LINK」を、スマートアイデア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 尚平、以下「スマートアイデア」)が10月30日より開始する「おカネレコプラス」で採用することをご報告いたします。

PressRelease Smart idea

スマートアイデアの「おカネレコプラス」は、家計・個人・仕事のお金を一元管理できる家計簿サービスです。当社が提供するMT LINKの採用により、「おカネレコプラス」のご利用者は、銀行口座、クレジットカード、ポイント・マイル、電子マネーの取引明細を「おカネレコプラス」に自動取り込みすることができます。なお、本連携によりMT LINKの公式連携会社は、43社となります。

PressRelease Smart idea diagram

当社の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」はアカウントアグリゲーションの技術を提供するAPIです。当社サービスの中立性および連携可能な金融機関の多さ、導入のしやすさが高く評価され、他社家計簿サービスを含む複数の金融データを取り扱うサービスで採用されています。

今後も当社はMT LINKを通じて、共働き家庭の増加に伴い多様化する家計管理のニーズをサポートし、みなさまの資産形成の機会を創出していきます。

スマートアイデア社の「おカネレコプラス」について
「世界の人々の人生を豊かにする便利なアイデアを提供する」「Happy Money Life」を目標に、世界の人々と協力してアプリ開発を行うスマートアイデア株式会社が提供開始した、家計・個人・仕事のお金を一元管理できる家計簿アプリです。1つのアカウントに「個人」「家計」「仕事」の3つの家計簿が作成できます。「FPI-J家計の格付け」機能やマネーツリーのMT LINKによる自動データ入力機能などが搭載されています。
※「FPI-J家計の格付け」はエフ・ピー・アイ・ジェイ株式会社が商標出願中です。(2018年10月時点)

マネーツリーについて
2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融インフラサービス「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。設立初期より米国セールスフォース・ドットコム、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

MT LINKについて
MT LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供している。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。MT LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計43社に提供している。

会社概要
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金: 13.3億円(資本準備金を含む)
設立日: 2012年4月23日
ウェブサイト: https://link.getmoneytree.com/jp

PDF版のダウンロードはこちらをクリックしてください。