マネーツリー マガジン・ブログ

給与明細の読み解き術

皆さんは毎月の給与明細を確認していますか?マネーツリーアプリで振込額(手取額)だけを確認している人も多いかもしれません。しかし、給与明細まで目を通したほうがお得も多く、社会の仕組みが分かるようになります。 会社によって異なる「控除」は手取り額に影響する!? 転職や就職の際、企業を選ぶ際に「基本給」などを参考にする人も多いでしょう。しかし、基本給だけが私たちの報酬ではないのです。基本給に「手当」を加えた「総支給額」が報酬であり、そこから「控除」を引いたものが私たちの手取りになります。基本給がいくら高くても、手当が少なく、控除が多い(労働組合費や商品代など引かれるものが多い企業も)と手取り...
貯蓄・節約

わかりやすいFinTechイノベーションとしての海外送金

サイクロン掃除機や羽根のない扇風機、ヘアドライヤーなどの革新的な製品群で知られる英国ダイソンの創立者、ジェームズ・ダイソン氏は、ただ1つのことを除いて、絶対に人に対するアドバイスをしません。唯一の例外は「アドバイスを聞くな」。つまり、すでに何事かを成し遂げた人の助言を聞いても、同じことしかできないということなのです。 前例のないことに対してアドバイスできる人はいない 世界を変えるには、人と違うことをする必要があります。過去にないことに挑む以上、そもそもアドバイスできる人は居ないはずというのが、彼の持論です。 また、漫画家で、京都精華大学学長の竹宮恵子さんも、次のようなことを話されてい...
トレンド

Moneytreeアプリで家計管理。赤字になりがちな要因とは?

家計管理や貯金がなかなかできないという人も多いと思います。家計簿が三日坊主で続かないのは入力に手間暇がかかるからという理由も多いものです。また、入力に疲れてしまって付けるだけになっている場合もよくありますね。実は家計簿は付けた後のチェックと分析・改善が一番大切になります。 一番手間暇がかかる作業をマネーツリーアプリのようなIT技術を駆使した家計管理サービスで自動化できれば、次のステップにすぐに進むことができます。データから自分にとってのウィークポイントを探し出し、そこを重点的に改善していくこともできるのです。 まずは、資産の伸びを確認 まずチェックしたいのは資産の伸びです。順調に資産...
貯蓄・節約

Apple Pay Cashの登場で加速するソーシャル・ペイメント

先日行われたアップルの開発者向けイベント、WWDC 2017のキーノートは軽く2時間を超え、例年以上に盛りだくさんの内容で充実していました。 アメリカで大人気となっているアマゾンのAIベースのスマートスピーカー、Echoに対抗するHomePodも発表されましたが、実際の発売が12月で、しかもその時点では英語版のみのリリース(販売地域も、アメリカ、イギリス、オーストラリアに限定)という点は非常に気がかりです。Echoは、ここ数ヶ月の間に日本語版も発売されるといわれ、価格的にも安いので、その牙城を崩すことは、いかにアップルといえども、なかなか難しいように感じられます。 この秋リリース予定...
トレンド

マネーツリーカルチャー CSR活動編

2017年東京レインボーパレードに参加しました! マネーツリーの創業メンバーは、オーストラリアおよびアメリカ国籍のため、外資系企業と間違われることも多いのですが、日本で起業している日系企業です。 2012年に、人々とお金のあり方を劇的に変えることをミッションに日本で起業。 現在、11カ国籍・33名(6月13日現在)のメンバーで構成されており、多国籍であるという側面は、マネーツリーのプロダクトや働く環境にも大きく影響しています。Moneytreeアプリの利用者と接点の強いプロダクトのデザイン面においては、グローバルなコンテキスト、高い視認性、一貫した親しみがあり安心できる体験の提供を...
カンパニー

越境ECの最後の1マイル、ならぬ最後の数千マイルを埋める電子送り状サービス

今回は、いきなりクイズからスタートしますが、英語で一番長い単語は何かわかりますか? 答えは、最後に書くことにします。 アメリカの通信、流通業界の覇者を決める"last 1 mile" さて、かつて和製ポップスで、”500マイル離れても、この愛を貫く…”といった内容の歌詞がありました。 500マイルというと約800キロに相当し、東京から札幌、あるいは広島あたりまでの距離です。 日本ならば、そこそこ遠距離恋愛と呼べるかもしれませんが、マイルの本場(?)であるアメリカでは、サンフランシスコから同じカリフォルニア州内のサンディエゴ程度の距離なので、個人的には歌にするほどは離れていないよ...
トレンド

住民税見直し月の6月に考える、ふるさと納税

6月といえば、お給与から控除される住民税が更新される月です。住民税は昨年度の所得を元に計算します。昨年、ふるさと納税をした人は正しく減税されているか確認したいですね。ふるさと納税をまだ試したことがない人も、住民税更新の6月をきっかけに、その仕組みをおさらいしてみましょう。 実質2,000円で返礼品ってどういう仕組み? 先日、「ふるさと納税って、1万円寄附して2,000円を除く8,000円が控除されるっていうけど、所得控除だから、実際の減税額は収入によって違うんですよね」と尋ねられました。 減税につながる控除には、確かに”所得控除”と”税額控除”の2種類があり、どちらの控除なのかで効果...
トレンド

今日から始める細切れ時間有効活用法。空いた時間で家計チェックを

今日は、細切れ時間を家計簿チェックに有効活用する方法についてお話したいと思います。お金の管理をきちんとしたいのに、なかなか時間がとれない。そんな方にオススメなのが、アプリを使った管理方法。今回は、どのように細切れ時間を作るか、また日々のお金の流れをMoneytreeアプリでチェックする方法を合わせてお伝えしたいと思います。 3つのコツで、細切れ時間活用の達人になろう! 今回紹介する「細切れ時間」を有効活用するコツは、①マルチタスク、②手軽に始められる、③行うことを決めておく、の3点です。 また、15分以下の時間であることも大切です。それ以上時間を確保できるならば、一般的には、一つの事...
プロダクト

マネーツリーの会計業界シェア率トップの現状とビジネスモデルについて

先月、MM総研がクラウド会計ソフトの利用状況調査の結果を発表しました。この調査は確定申告を実施した個人事業主(1万7420事業者)を対象に行われたウェブ調査(2017年3月21日〜27日実施)です。 個人事業主の利用クラウド会計ソフト、弥生シリーズがトップ。 結果発表について掲載されているZDNetの記事によると、クラウド会計ソフト利用の事業者による、弥生シリーズ「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」サービスの利用率は、56.8%(前年2016年12月より4%増)を占めていることがわかりました。 引用元:クラウド会計ソフトの事業者別シェア(ZDNet掲載図...
カンパニー

視点を変える!効果的な本の読み方(ビジネス書から漫画・小説まで)

本を読むのは好きですか?好きではない方も、1冊か2冊は読んだことはありますよね。今回は、本の読み方について考えてみたいと思います。 視点を変える!効果的な本の読み方 ビジネス書編 まずはビジネス書についてです。このブログをご覧になっているみなさんならば、ビジネス書をよく読まれるのではないでしょうか。ビジネス書を選ぶときには、何かしらご自身で興味があり、またそこに書かれている内容を自分の糧にしたいと思っている場合がほとんどだと思います。 さて、みなさんに問いたいと思います。ビジネス書を読んだ後、ご自身は何かしら変わっているでしょうか?ほとんどの方が「変わっていない」とご回答されると...
トレンド