Moneytree ブログ

知ってて得する、知らなきゃ損する、軽減税率

昨年後半からニュースでよく耳にするようになった「軽減税率」の導入。軽減というワードを聞くと、何らかの恩恵を受けられるのではないかと思うかもしれませんが、実際はどういうことが行われようとしているのでしょうか。 その内容は、2017年4月1日に消費税増税が行われ、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、その中で、一部の生活に関連する品目については現行の8%に据え置かれる予定です。軽減税率が適用される品目について、消費者側はもちろんですが、事業者側も内容を把握しておく必要があります。事業者側にとって、納税義務に関わる問題でもあるからです。軽減税率が適用される前に、制度を正しく理解してお...
トレンド

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 4)

岩田先生の連載第5回目、Part 4です。イオンVSセブンの共通ポイント戦争がこれからどう展開されていくのか、その今後に迫ります。 外部に提携先を広げて使い勝手をよくしたWAON 前回のPart 3では、nanacoのポイント還元率についてお話ししました。このポイントの面ではナナコが非常に有利なわけですが、ポイントの拡販という営業面では対照的でした。WAONはいけいけどんどんで、吉野家やファミリーマートなどのナショナルチェーンと提携してグループの外でポイントを使えるようにしました。 それに比べるとナナコはいってみれば純血主義で、セブン‐イレブンを中心としたグループ内の利用に限ら...
トレンド

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 3)

岩田先生の連載第5回目、Part 3です。イオンが共通ポイントに参入したことで、セブンとの共通ポイント戦争が勃発します。 絶妙のタイミング セブン‐イレブンの育ての親といわれる鈴木敏文会長が引退を表明したその日(4月7日)に、イオンが自社ポイントWAONの共通ポイント化を発表したのです。ライバルが混乱しているすきに、また、nanaco(ナナコ)が今後半年は混乱するだろうことを見越して先制パンチをくらわした格好です。 それにしても両社のライバル意識の強さは凄まじいものがあります。両社とも2007年の4月にWAONとナナコの電子マネー、ポイントサービスをスタートさせています。ナナコ...
トレンド

心に投資する旅(中編)

前回に引き続き、テクノロジーライターで、原宿アシストオン取締役の大谷和利さんのコラム「心への投資の旅」の中編です。テクノロジーライターとして、長いキャリアをお持ちですが、中でもAppleに関する書籍、記事に関しては、業界の先駆者でいらっしゃいます。今回は、大谷さんが撮られた、Steve Jobsの秘蔵写真も登場します。 デザイナー 鈴木孝彦さん 旅といえば、忘れた頃に予期せぬタイミングで僕の前に現れるのが、15年来の知人の鈴木孝彦さんというデザイナーです。 ちょうど21世紀になろうとしていた頃、鈴木さんは、コンピュータにアナログ的な操作感をもたらすPowerMateというUSB...
トレンド

「普通」の人生

Moneytree Blogに、2011 ミスユニバースジャパンの、神山まりあさんが登場です!これまで数々のステージを経験されてきた神山まりあさん、連載第一回目は、「普通の人生」についてです。 普通の人生 「今現在29歳 既婚 妊娠中」これが私の今のスタンス。 小学生のころから「普通」が嫌いで、目立つのが大好き。学芸会では主役をやりたい、日本で就職活動はしたくない、誰もが憧れる人生を送り、死ぬまでハッピーでいたい。実際に行動に移してはみるものの、いつも根底にある臆病で怖がりな性格がどこかで邪魔をしてくる。 大学でハワイへ飛び立ち、仕事を始め、帰国後はミスユニバースへ挑戦。「あ...
トレンド

Moneytree、念願の証券口座に対応!〜2億3400万以上の自動取引を実現した日本最大級のPFMサービスに成長〜

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ポール チャップマン、以下、「マネーツリー」)は、今月で4年目に突入する自社サービスの総合的なアップデートについて、ご報告します。 Moneytreeは、4月下旬でサービス開始から、丸3年を経過します。これまで、100万人を超えるユーザーに利用された取引明細数が2億3400万を超え、弊社の金融インフラサービス「MT LINK」のパートナー会社も10社以上になりました。 また、2月末に発表した、みずほ銀行様との連携に関しては(一生通帳 by Moneytree)、わずか2ヶ月足らずで正式に製品化を実現しました。 これからますます拡大の...
プロダクト

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 2)

岩田先生の連載第5回目、Part2です。イオンが6月から開始するWAON POINT、その目的や、今後の戦略について迫ります。 2年後に「ポイント発行額」1000億円を目指す イオングループでは、これまで57種類ものカードを発行しており、延べ会員数は1億人に達するといいます。そのカードの「ポイント発行額」は現在、約500億円です。イオンではこのカードを順次統合していく予定で、最終的にはWAON POINTサービスにすべて統一する考えです。 そして、2年後の2018年には現在の「ポイント発行額」を1000億円に倍増させ、会員数を6000万人にする計画です。 まずグループ内での浸...
トレンド

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 1)

岩田先生の連載第5回目は、イオンが6月から新しく開始する、WAON POINTサービスについてです。共通ポイントがブームを迎える中、ついに二大流通グループのイオンが参入を表明しました。このWAON POINTはどういうポイントなのか、お得なため方をご紹介します。 WAON POINTとは何か? どんなポイントなの? これまでもこのブログで述べてきたように、日本人はポイントが好きで、いまは共通ポイントがまさにブームの様相を呈しています。業種を越えていろいろな店で使えるという点に大きな魅力を感じているためで、ただのポイントでは満足できなくて、「なぜ共通ポイントではないの?」という人が...
トレンド

カンタン、楽チン!自分でできる確定申告

経営者の方はもちろん、独立している個人事業主の方は、毎年3月に確定申告をする義務があります。確定申告のたびに、事務手続きが面倒だなというイメージを持っていませんか?今度こそ、もっと簡単に確定申告を済ませたいと思いませんか?確定申告へのネガティブなイメージが先行し、敬遠しがちですが、実はそんなことはありません。確定申告の流れや方法を知っていると、節税することも難しくありません。どのようなポイントに注意しておけばよいか、確認していきましょう。 確定申告の時期にも、慌てずに済むためには? まず、確定申告期間(期限)を把握しておきましょう。この期限に間に合わないと、延滞税や無申告加算税を...
トレンド

JRE POINTの秘められた可能性(後編)

本日は、岩田先生の連載第4回目、後編です。JR東日本が新しく開始した共通ポイントサービスJRE POINTの、今後の展開について迫ります。 オートチャージが便利なSuica 私は毎日、事務所に通うのにモバイルSuicaを使っています。クレジットカードのビューカードと一体になった「ビュー・スイカ」カードのアプリをスマホに入れているので、スマホを改札機にかざすだけで電子マネーの残高が1000円以下になると自動的に3000円チャージ(入金)されます。 ですから、うっかりチャージするのを忘れてしまい、残金が不足していて改札を通れないということがありません。しかも、チャージ残高とチャージ...
トレンド