マネーツリー マガジン・ブログ

クレジットカードで失敗しない3つのルール

「セールや旅行でクレジットカードを使い過ぎちゃった」そんな人も多いのではないでしょうか。クレジットカードはポイントが貯まる、サービスを受けられるなどお得な反面、手元に現金がなくても後払いにできるので使い過ぎてしまうことも。今回はクレジットカードで失敗しない3つのルールをお伝えしたいと思います。 利用限度額のマイルールを決めておく 「来月のカードの請求額は10万円なのに、残高が・・・」-貯金残高以上に使い過ぎてしまってお金の工面に困るなんてことのないようにあらかじめ利用額のマイルールを決めておきましょう。 クレジットカードの利用限度額はカード会社が決めますが、自分のなかでも利用額の上...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 5

楽天ポイントの打開策 Part 4で前述したように、楽天はリアルに出ていこうとしたのですが、これまではあまりうまくいきませんでした。Tポイント、ポンタに続く三番手のハンデは予想以上に大きかったということです。ポイントに関する施策を根本的に考え直す時期にきているといえるでしょう。 できれば、ミセス・ミキタニに登場してもらってアドバイスをしてもらえればいちばんいいのですが、そうもいかないでしょうから、私が代わってひとこと提言をしたいと思います。 第二世代企業との連携を図れ! 共通ポイントの分野も競争が激しく、Tポイント、ポンタに続いて楽天市場がでて、それに続いて、ドコモ、JR、イオン...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 4

逆風にさらされる楽天 Part 3では、ネットからリアルに出た楽天の苦難についてお話ししました。 このような状況ですから、楽天ポイントは逆風にさらされているといえるでしょう。 悪い方向に風向きが変わったのは2012年7月に電子書籍リーダーのKobo(コボ)の取り扱いを始めたころです。 コボの評判が芳しくないのに痺れを切らして、三木谷会長兼社長が現場に直接出向いて、コボがいかに素晴らしいかを力説したところ、かえって現場の人間が委縮してしまったそうです。 それまで、三木谷社長が現場に出向いてあれこれ商品の内容を説明することはなかったために、余計なプレッシャーを与えてしまったのかもしれま...
トレンド

体質改善から考える経営改善

数値測定から立ち位置を把握してみましょう 新しい季節が訪れると、街中に増えるスポーツクラブの入会キャンペーンポスター。この夏こそ入会しようかなと思うその前に、なぜその状態に陥ったのか、どうしたら改善できるのか、自分の身体を振り返ってみるのはいかがでしょうか? まずは基準値や標準値などの数値から自分がどの立ち位置にいるか考えてみましょう。 身体を数値で把握する場合、まずは体重㎏÷(身長m×身長m)から算出されるBMI(Body Mass Index)を把握することが最初のステップとなります。 身長に対して適正な体重であるかどうかの指標になる数値ですので是非計算してみてください。これが18...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 3

楽天経済圏からリアルな世界へ 楽天とO2Oの関係でいえば、ネットからリアルへという世界的な流れがあって、ヤフーはその先頭に立ってリアルの世界に出ていったのですが、楽天にとっては、リアルに出ていく必然性はじつはなかったのです。 楽天にはネットの中にたくさんの顧客がすでにいて、楽天系列の事業体で構成された楽天経済圏という閉じた世界の中で自己完結しています。わざわざリアルに出ていって冒険する必要はないのです。 それでも楽天は外に出ていかなければ成長はないと考えたのでしょう(これは正しい判断 だったと思います・・・・)。そう考えた一つの要因が、じつはTポイントの存在です。Tポイントの元締め...
トレンド

時間とお金の共通点

感覚の伸縮性 昔から、楽しいことをしていると時間は速く過ぎ、退屈な場合や辛いときにには時間が遅く流れると言われてきました。もちろん、相対性理論によれば、光速に近い速度で移動しない限り、時間の経過が遅くなることはないはずなのです。しかし、実のところ人間の心(もしくは脳)の中では、時間というものは自在に、かつ頻繁に伸び縮みしてしまうようです。 そして、いつの頃からか筆者は、似たようなことがお金にもいえるのではと感じるようになりました。つまり、硬貨1個、お札1枚の価値は、物価が安定していれば変わらないはずなのに、楽しいことに費やしているときは多少嵩んでも安いと思え、気が進まずに差し出すとき...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 2

楽天のよきライバル、ヤフー・ジャパン ECの雄である楽天にはアマゾンだけではなくヤフーという強敵がいます。ヤフー・ジャパンは日本のIT企業の草分けです。 2013年、ヤフーはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と組んで、Yahoo!ポイントをCCCの共通ポイントのTポイントに統合し自らO2O(オンライン・ツー・オフライン)を始めたのです。ネットからリアルへの拡張です。 全世界的に、成熟したウェブ事業者たちは、2010年頃に、ネット市場から未開拓のリアルの市場に出ていこうと動き始めました。ヤフーはもともとアメリカの企業ですからそういう流れに敏感です。   ヤフーの優れた先見...
トレンド

知っておかないと怖い中小企業の知財リスク管理

テレビドラマ「下町ロケット」のヒットで、中小企業でも知的財産(知財)に注目が集まっています。「うちの技術でもあんな逆転劇ができるんじゃないか」と考えた社長も多いことでしょう。 でもその前に思い出してみてください。「下町ロケット」は知財が原因で会社が窮地に陥るところから始まります。知財は会社に利益をもたらす可能性がある一方で、適切に管理しなければピンチを招くリスク要因でもあるのです。この機会に知財について簡単に知っておきましょう。 なぜ知財リスク管理が必要なのか? 知的財産はその名のとおり「財産」です。土地や建物、お金と同じですね。形のないものなので「無形財産」と言われたりもします。...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 1

ミセス・ミキタニとは アメリカでは、だいぶ前から、日本のFXブームを象徴するある人物の名前が話題になっています。その人物とはミセス・ワタナベ。毎日、家事の合間にFXで稼いでいるカリスマ主婦、それがミセス・ワタナベです。といってもミセス・ワタナベは実在する人物ではありません。主婦としての仕事に一切手は抜かず、FX投資にも真剣に取り組む勤勉な日本人個人投資家のことです。 一方、日本には、ミセス・ワタナベ以上に活躍している女性がいることをご存じですか。その人物の名前はミセス・ミキタニ。彼女はポイントサービスの裏の仕掛け人として楽天市場で大活躍しています(と私は思っています)。 楽天スーパ...
トレンド

脇毛の生えたチャンスの神様

掴むチャンスは一度きり? 「チャンスの神様は前髪しかないよ、絶対に逃しちゃダメ!」 なんてセリフ、どこかで聞いたことはないだろうか。 このたとえ話、女子会やビジネスシーン、ドラマなんかでよく使われる何とも効き目のある万能薬。「そ、そうだよね!!!!」なんて次の瞬間に主人公が目を覚まし、雨の降る道を傘なしで走っていっちゃいそうなシーンが目に見えるようだ。 そもそもどんなたとえ話なのか。目の前に走ってくるチャンスの神様は前髪しか生えておらず、瞬時の判断で神様の前髪を掴みチャンスをゲットできなければ、その神様は過ぎ去り、二度と同じチャンスには恵まれることはない。 あとは体が真横を通り...
トレンド