マネーツリー マガジン・ブログ

投資初心者の方に。まずは用語から抑えてみましょう

FROGGY(フロッギー)というメディアは知っていますか。SMBC日興証券株式会社が運用する、お金の常識をカエル。をキャッチコピーとした、投資情報メディアです。 投資の情報に限らず、周辺のトレンド情報も紹介しているメディアです。 連載の中に、日本の受験界に革命を起こした三田紀房さんががおくる、株式投資学園マンガでおなじみの『ドラゴン桜』とのコラボレーションがあるのですが、ドラゴン桜のファンの方もそうで無い方も楽しんで読めそうな漫画です。 特に投資初心者の方は、ブログなどで勉強を始めても、出てくる用語がわからず検索することも。時間がかかってしまい、嫌になってしまった。そんな方もいるかも...
投資

使う前に貯める「先取り貯蓄」で自然と貯まる家計に

1月は、家計の仕組みを見直すのに良い機会です。年の初めというフレッシュな気持ちは新しいことを始めようという気持ちにさせてくれますし、1月から始めると1年間の集計もとりやすくなるからです。節目の1月、自然と貯まる家計を組み立ててみましょう。 貯蓄用銀行口座に自動的にお金を流す 貯まる家計を作るために外せないのが”先取り貯蓄”です。お給料が入って、生活費を使って、余ったお金を貯蓄するのではなく、お給料日にすぐさま貯蓄分を差し引いて、残りのお金で生活をする方法です。先に貯蓄分をとるため、先取り貯蓄です。 先取り貯蓄を自動的に行うためには、最近銀行で増えてきた”定額自動入金サービス”が便利で...
貯蓄・節約

確定申告が必要なケースとその方法

会社員の人にはあまりなじみのない「確定申告」。しかし、たとえば副業をしていて給与以外に一定の収入がある場合などは、決められた時期に所定の方法で確定申告をする必要があります。そこで今回は、会社員でも確定申告が必要なケースや、その方法についてまとめてみました。「自分にはあまり関係なさそう」とは思わず、一度しっかり確認してみましょう。 会社員でも確定申告が必要なケース 先日、マネー相談に訪れたAさんは、アパレル企業で働く会社員の女性。仕事はやりがいがあり楽しいものの、給料がなかなか上がらないことが悩みの種でした。そこで、空いている時間を利用し、クラウドソーシングの副業を始めました。 しかし...
働く

人生100年時代に向けたマネー戦略

『人生100年』。この言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。昨年の8月、安倍内閣総理大臣が記者会見の中で語った言葉です。内閣改造後、各大臣への期待として語られる中で用いられました。 その内容は抜粋すると以下です。『茂木大臣には、今回新たに設けることとした「人づくり革命」の担当大臣もお願いしました。子供たちの誰もが家庭の経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。幾つになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生100年時代を見据えた経済社会の在り方を大胆に構想してもらいたいと思います。』 さて、この人生100年という言葉、どこから出てきたの...
ライフプラン

お家・マンションを買う前に調べておきたい3つのポイント

お子さんをお持ちのパパ、ママにとってお家やマンションを購入するときに気になることとはなんでしょうか。立地、購入金額、日当たり、駐車場、広さ、間取り、眺望や交通の便の良さなど、挙げたらきりがないくらいですね。 国土交通省の『平成28年度住宅市場動向調査』によると、初めて住宅を取得した「一次取得者」の世帯主の年齢は30代が最も多いとのデータがあります。男女の平均初婚年齢が30歳前後であることを考えると、結婚後に住宅の取得を行う動きが考えられます。中古の住宅を除く世帯主の平均年齢は30代半ばから後半であり、お子さんが生まれて数年し、家族の人数構成が固まってから住宅の取得に踏み切ることが想像で...
ライフプラン

2018年から始まるつみたてNISAって?

2018年から新しく始まる”つみたてNISA”という制度があります。2014年からスタートしているNISA(少額投資非課税制度)に比べて、投資を初めて検討する人に優しい制度設計になっていますが、どこがどう違うのでしょうか。 年間40万円までを最長20年間運用できる NISAでは、年間120万円の運用を原則5年間(最長10年間)、非課税で運用することができます。対象商品は株式や投資信託などの中から自由に選択できます。120万円をずっと運用する必要はなく、例えば10万円の株式の売買でも12回行うと120万円の枠に達します。 つみたてNISAでは年間40万円までを非課税で運用でき、運用期間は...
投資

2017年のカードシーンを振り返る

2017年も終わり、新しい年、2018年がスタートします。今年も様々なニュースが登場し、私たちの身の周りは劇的に変化する年となりそうです。ここで、昨年はどんな年だったか、振り返ってみたいと思います。そして、新しい時代を迎える上で、今後の課題についても触れてみたいと思います。 2017年は「Apple Pay」の実質的元年 日本で「Apple Pay」のサービスがスタートしたのは、2016年10月25日です。iPhoneにSuicaなどが搭載されることで、iPhone一つで電車に乗ることができたり、コンビニで買い物などができるので話題となりました。しかし、iPhoneはiPhoneでも、...
キャッシュレス

世界のお金持ちから学ぶお金とのつきあい方[後編]

新年を迎えると、「今年こそ貯金したい」「無駄遣いを減らしたい」「投資にチャレンジしたい」など思う方もいらっしゃるかもしれません。今回紹介するのは、前回のブログ「世界のお金持ちから学ぶお金とのつきあい方 前半編」の続編です。世界のお金持ちの「お金の付き合い方」を覗いてみましょう。 世界の富裕層は日常のちょっとしたお金「ラテマネー」を減らし、自分の財布からお金が無自覚に出て行くのを防ぐようにしています。かといってなんでも我慢というわけではなく、欲しい物や必要な物はしっかり買っています。無自覚に出て行くお金を退治して、意識的に使えるお金を増やしているのです。また、貯まったお金が増える努力も最...
その他

Apple Payで使えるクレジットカードランキング 1位はビュー・スイカ

2017年も残すところあとわずかとなりました。今年のトピックスは何といっても「Apple Pay」の登場でしょう。「Apple Pay」によって、クレジットカードや電子マネー、そしてプリペイドカードなどが、私たちの生活により身近な支払いツールとなりました。今回は、「Apple Pay」で得するカードをランキング形式で紹介します。 Apple Payで唯一利用できる電子マネーのSuicaにオートチャージできる「ビュー・スイカ」カードが1位 「ビュー・スイカ」カード ・「ビュー・スイカ」カード まず、1位となったのがビューカードの「ビュー・スイカ」カードです。 「Apple Pay...
キャッシュレス

iPhoneで始める、Apple PayでSuica

初めてApple Payを使ってみようという方、特にSuicaを利用すると、翌日にはMoneytreeに反映されるので、とても便利です。 Suicaを利用した場合、Moneytree上では下記のように電車の乗降情報が確認できるため、サラリーマンの方、個人事業主の方にとっては経費の見落とし防止になります。 Apple PayでSuicaを利用する条件は? Apple PayによるSuicaの利用は、iPhone 7以降(注)のiPhoneとApple Watch Series 2以降のApple Watchが対応しています。(注)iPhone...
キャッシュレス