マネーツリー マガジン・ブログ

常識にとらわれないインターナショナルなチーム

マネーツリーでの働く環境を紹介することを目的に、メンバーのインタビュー記事を数回に渡りご紹介しています。今回お届けするのは、マネーツリー代表のポール チャップマンのインタビューです。 クリエイティブな人材が集まっている ・何か国のメンバー、どのようなメンバーが働いていますか? 現在、在籍しているメンバーは11ヶ国籍になりました。国際的な日系企業として、ユニバーサルデザインを中心にプロダクトをつくってきました。同時に国内の既存ニーズに限らず、積極的に世界水準の潜在ニーズをプロダクトに取り入れています。日本市場だけを見ていても、海外展開は難しいと考えています。もちろん日本市場のみを見たほう...
カンパニー

働く主婦の社会保険の種類について

先日のブログでは、パートで働く方が気になる「106万円の壁」についてお話しました。 これまで主婦業に専念していた方やパートナーがこれから働き出す方は特に、税金や社会保険の種類なども詳しく知りたい!という方が多いかもしれません。少しでも使えるお金が多い方が良い、と考える方は、一度税金や社会保険のことをおさらいして見ましょう。税金がかからないような働き方なら「100万円」を意識しましょう。 収入が増え、以下の金額を超えると、税金がかかります。 ・所得税の場合:年間(1月~12月)103万円 ・住民税の場合:年間(1月~12月)100万円 ※いずれも非課税の通勤費は含みません。また、パ...
働く

パートでも社会保険に入らないといけない?気になる106万円の壁とは?

「106万円の壁」―「103万円の壁(注1)」、「130万円の壁」に次ぐ、第3の壁の出現です。パートやアルバイト労働の方の中には2つの壁を気にしながらシフトを組んでいる方も多いでしょう。そこに昨年の10月から新しく「106万円の壁」が立ちふさがるようになりました。この「106万円の壁」とは何でしょうか。 「106万円の壁」は、社会保険に関係します。健康保険や年金ですね。これまで、「130万円の壁」を越えなければ、被扶養者として健康保険料や国民年金保険料を納付する必要がなかった方も、加入しなければならない可能性があります。 では、どのような場合に社会保険に加入しなければならないのか、簡...
働く

ライフプランに合わせたマネープランの作成方法

みなさんの将来にはどんなイベントが待ち受けているでしょうか?結婚、出産、マイホームの購入、子供の教育、老後の暮らしなど、多くのイベントや、人生でかなえたい夢や目標があることでしょう。夢や目標はかなえるためにあるもの。その夢や目標を描いた人生の設計図と言われるライフプランをたてることで、想いも膨らみます。そして、このライププランに必要となるお金を見積もることで、将来必要なお金が明確化され、将来のライフイベントに備えることができます。 ⑴ライフイベント表を作リましょう まずは、あなたのライフプランを形にしていきましょう。ご自身を含むご家族の今後のイベント・夢・目標をライフイベント表に洗い出...
ライフプラン

マネーツリー主催「API、AIで変えていく地方銀行のデジタルバンキング」イベントレポート

先週の6月29日(木)に地方銀行の方を対象にマネーツリー主催の「API、AIで変えていく地方銀行のデジタルバンキング イベント」が開催されました。会場には120名を超える方々に来場いただきました。詳しい詳細は、後日MT LINKのサイトでご紹介する予定ですが、少しマネーツリーブログでもご紹介したいと思います。 マネーツリー代表のポール チャップマンからの挨拶により開会され、先日発表したオーストラリアでのサービス開始(6月21日にリリースした「マネーツリーのMoneytreeアプリがいよいよ海外市場でサービス開始」をご覧ください。)について再度ご案内させていただくとともに、日本におけるこ...
カンパニー

マネーツリー オーストラリア ローンチ記念キャンペーンのお知らせ

キャンペーン概要 Twitterでマネーツリー公式アカウント(@moneytreejp)をフォロー、2017年7月11日(火)のマネーツリー公式アカウントの「マネーツリー オーストラリア ローンチ記念キャンペーン」に関する投稿ツイートを2017年7月31日(月)までにリツイートしてくれた方の中から、抽選で35名様に「限定オリジナルグッツ」をプレゼントします。 賞品 マネーツリー オーストラリアローンチ記念Tシャツ(Mサイズ) 5名 マネーツリー オリジナルステッカー スタンダード       15名 マネーツリー オリジナルステッカー サマーバージョン     1...
カンパニー

消費者信用研究会での講演レポート

先週6月30日(金)に、マネーツリーの常務取締役 マークとプロダクトマーケターの山口が消費者信用研究会にて講演をさせていただきました。講演の様子を少しご紹介したいと思います。 消費者信用研究会 消費者信用研究会には、消費者信用業界の主要企業さまが加入しており、毎月1回のセミナーを行っているとのこと。消費者信用業界においても、銀行法の改正が発表されたことに伴い、APIへの興味関心がより高まっているようです。 消費者信用研究会・会場の様子 今回マネーツリーからお話しさせていただいたのは、オープンAPIとの連携の可能性、ということで、マネーツリーについてや最近の業界...
カンパニー

初心者から始める資産運用の考え方

iDeCo(個人型確定拠出年金・イデコ:以下「iDeCo」)では元本保証型の定期預金や保険商品の他、運用成績によって受給額が変わる投資信託などの金融商品を積立購入することができます。選ぶ商品によっては投資を行うことになるため、投資の基本についても確認しておきましょう。 リスクは金額でコントロールする 資産運用で額面が増えたり減ったりするリスク商品を取り入れる場合、その変動の度合いは金額でコントロールすることができます。例えば、確定拠出年金で毎月2万円、積立てを行う場合、2万円すべてを預金にすれば変動幅はほとんど無くなりますし、2万円すべてを外国株式投資信託などにすると変動幅は比較的大き...
トレンド

給与明細の読み解き術

皆さんは毎月の給与明細を確認していますか?マネーツリーアプリで振込額(手取額)だけを確認している人も多いかもしれません。しかし、給与明細まで目を通したほうがお得も多く、社会の仕組みが分かるようになります。 会社によって異なる「控除」は手取り額に影響する!? 転職や就職の際、企業を選ぶ際に「基本給」などを参考にする人も多いでしょう。しかし、基本給だけが私たちの報酬ではないのです。基本給に「手当」を加えた「総支給額」が報酬であり、そこから「控除」を引いたものが私たちの手取りになります。基本給がいくら高くても、手当が少なく、控除が多い(労働組合費や商品代など引かれるものが多い企業も)と手取り...
貯蓄・節約

わかりやすいFinTechイノベーションとしての海外送金

サイクロン掃除機や羽根のない扇風機、ヘアドライヤーなどの革新的な製品群で知られる英国ダイソンの創立者、ジェームズ・ダイソン氏は、ただ1つのことを除いて、絶対に人に対するアドバイスをしません。唯一の例外は「アドバイスを聞くな」。つまり、すでに何事かを成し遂げた人の助言を聞いても、同じことしかできないということなのです。 前例のないことに対してアドバイスできる人はいない 世界を変えるには、人と違うことをする必要があります。過去にないことに挑む以上、そもそもアドバイスできる人は居ないはずというのが、彼の持論です。 また、漫画家で、京都精華大学学長の竹宮恵子さんも、次のようなことを話されてい...
トレンド