マネーツリー マガジン・ブログ

人生のイベントに必要なお金は How much?

結婚、出産、子育て、マイホーム購入、老後生活など、人生のイベントには数百万円以上のお金がかかることも。前もってお金がかかるタイミングを知り、計画的に貯蓄をしていくことがマネーで成功する近道です。 結婚・新生活費用 約220万円 「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」によると、挙式・披露宴・披露パーティーの総額は約353万円です。ご祝儀総額は約227万円でカップルの自己負担額は約143万円だそう。 また、新生活準備のためにかかった...
ライフプラン

いまさら聞けない!名刺交換のマナー

初対面の方とのあいさつにはつきものの「名刺交換」。緊張して、ついぎこちなくなってしまいませんか?私も以前は、「名刺交換って、堅苦しくてなんだか苦手だなぁ」と思っていました。でも実は、「はじめまして」の挨拶と名刺交換に失敗しただけで、せっかくのビジネスチャンスを失ってしまうこともあるんです。ですから名刺交換のマナーは、しっかり身につけておきましょう。 「メラビアンの法則」をご存知でしょうか。 アメリカの心理学者アルバート・メラビア...
働く

選択肢が少ないときほどチャンス!気持ち切り替え法

選択肢の多い人生と少ない人生。あなたはどちらを選びますか?多くの方は、選択肢の多い人生を選ぶでしょう。選択肢の少ない方は、選択肢の多い方を見て、うらやましいと思うかもしれません。しかし、選択肢の多い人生のほうが果たして本当に幸せなのでしょうか。 気持ちを固める ここで一人の男の生き方を見ていきましょう。元WBC世界バンダム級王者・辰吉丈一郎さんは、45歳になっても引退せずに、現役にこだわり、ボクシングを続けています。 「僕の取...
トレンド

キャッシュレスのすすめ、第2回

こんにちは、サッシャです。キャッシュレスのすすめ第2回、今回から本格的にキャッシュレスライフへの道を進めて行きたいと思います。まず、これまでのお金の支払いの歴史について、振り返りましょう。 決済の歴史 そもそも、支払いの歴史を簡単に振り返ってみると・・・昔は買い物の支払いは現金が中心、クレジットカードを持つことも簡単ではない時代が長く続きました。アメリカには小切手(トラベラーズチェック)をもって旅行や出張に行くのがあたりまえでし...
キャッシュレス

実はカンタン!起業するために必要な唯一のこと

起業と聞いてみなさんはどんな印象を持ちますか?「自分のやりたいことをやる」、「夢をかなえる」、「今よりお金を稼ぐ」などなど、華やかなイメージがある一方で、「失敗したら取り返しがつかない」、「借金地獄」などのマイナスなイメージが浮かんでくる方もいらっしゃることでしょう。 自分の夢や、やりたいことがあるのに、起業に二の足を踏んでいる方も、おそらくたくさんいるのではないでしょうか。しかし、見方を変えれば、このマイナスさえ払拭することができれ...
トレンド

どこまで広がる共通ポイント(後編)

岩田先生の連載第6回目、後編です。前編では大手企業の共通ポイントへの参入に関してでした。後編では、各共通ポイントの違いや自分にあった選び方について、ご紹介します。 共通ポイントの内部統合 前編では、続々と共通ポイントが増え、何を選ぶべきかわかりにくくなっているお話をしました。それでは、各共通ポイントはどう違うのでしょうか?それを最近発表されたイオンのWAON POINTで調べてみましょう。6月にスタートするイオンの共通ポイントW...
トレンド

どこまで広がる共通ポイント(前編)

岩田先生の連載第6回目は、共通ポイント業界に関する記事です。共通ポイントの人気は高まるばかり、新しいプレイヤーも次々でてきて賑やかです。岩田先生は以前から、2000万人の会員をもつ企業・組織なら、どこでも共通ポイントをだす資格がある、そういう時代がやってくるだろうと言ってきました。そして、いま共通ポイントの世界は確実にそちらに向かっています。 大手企業の参入 これまでレンタル店やネット事業者を中心に共通ポイントは動いてきましたが...
トレンド

忙しいあなたに!税務署に行かずに簡単開業手続き

「どうやったら開業できるんだろう?」新年を迎えて、ふと思いました。中小企業診断士を取得して2年が経ち、起業をする中小企業診断士同期も出てきたので、漠然と疑問に感じはじめました。 ということで、私も実際に開業をしてみましたので、その開業届提出記をお伝えします。 提出の方法は、税務署の窓口での届出、郵送での届出、e-TAXでの届出の3つです。今回は窓口に行く余裕がなく、マイナンバーカードもまだできていなかったので、「郵送での届出」で実施し...
トレンド

朝ごはんのススメ

仕事効率を上げる為に、大事な商談を朝に入れる人、増えていますね。優先順位が高い仕事を、午前中にもってくる。仕事が出来るビジネスパーソンほど、朝型。「朝活」なんて言葉も今や一般的です。朝に仕事をしたいけど、早起きは苦手、なかなかスイッチが入らないという方。やるべきことに気持ちが伴わない時は、まず行動を起こしてみてはいかがでしょうか。 例えば、数々の記録を塗り替えてきたイチロー選手は、日々のルーティンワークこそ重要と位置付けています。それ...
トレンド