マネーツリー マガジン・ブログ

世界の富裕層は社債を買っている?海外でしか買えない金融商品

前回のブログ、資産運用のノウハウ「余裕資金を捻出するための節約術」では、資産運用を始めるための資金の準備についてお話しました。投資の準備が整ったら、いよいよ資産運用にトライしたい。できれば、日本で販売しているものだけではなく、世界の投資家が購入する商品も視野に入れてみたい。そんな野望(?)を持つ方のために、今回は金融先進国の金融商品にも目を向けてみたいと思います。 金融先進国にはどんな金融商品があるの? 香港やシンガポールなど金融先進国にはどんな金融商品があるのでしょうか。オフショア投資(金融の税率が著しく低い地域への投資をいいます)の場合も基本的には日本で販売している金融商品と同じ...
投資

アップルも採用。国際送金手段として注目されるリップル

ブロックチェーンといえば仮想通貨、仮想通貨といえばブロックチェーンというように、切っても切れない関係にある両者ですが、実際の依存関係は一方向のみであることは、読者の皆さんもよくご存知のことと思います。 具体的には、仮想通貨はブロックチェーン技術なしには成り立ちませんが、ブロックチェーンにとって仮想通貨は応用分野の1つに過ぎず、他にも色々な使い道があるということです。 決済手段か、送金手段か しかし、巷では、ブロックチェーンが仮想通貨のために開発された技術であり、完全に一体のものだと思い込んでいる人も少なからず居るように感じられます。また、仮想通貨自体、次世代の決済手段であったり、投機...
トレンド

住宅購入はいつが買い時?消費税アップ、すまい給付金の影響は

知るだけでお得な制度の情報を、過去のブログ記事「4月以降、生命保険は安くなり、医療保険は高くなる?」「2018年度税制改正案は?どういうケースで増税に?」「申請するだけでもらえるお金」などで紹介してきました。 来年(2019年)10月に消費税の税率が8%から10%に引き上げられる予定です。2%の税率アップは、住宅など大きな買い物に対する影響が気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は、住宅購入について紹介したいと思います。 住宅ローン減税は変化なし、すまい給付金は少し増える 購入する物件の価格(消費税は土地にはかからないため、以下物件価格は建物部分等を指す)が1,000万円の...
その他

こうすればカードの枚数は減らせる!!クレジットカードの断捨離

日本クレジット協会のデータによると、2017年の3月末のクレジットカード発行枚数は2億7,201万枚。成人では1人当たり2.6枚保有していることになるそうです。2枚程度で収まっていれば優等生でしょう。しかし、多くの人の場合、お財布の中はクレジットカードであふれているのではないでしょうか。人によっては、お財布の中に複数枚のカードを入れていて、さらに家にも何枚かのカードを置いてあるという強者もいます。利用しているクレジットカードが多いと、支払う金額やせっかく獲得したポイントの管理が難しくなる可能性があります。そこで、今回はクレジットカードを整理する際に目安となる基準を紹介します。 カードの...
キャッシュレス

投資商品の選び方「大学生以上の子供がいる世帯編」

自分にあった投資商品の選び方について、過去、投資商品の選び方「貯蓄型保険・株式・投資信託の特徴」、投資商品の選び方「高校生までの子供がいる世帯編」を紹介してきました。今回は大学生以上の子供がいる世帯を想定し、どの投資商品にいくら投資するかという配分、つまり、投資商品のポートフォリオを紹介したいと思います。ポイントは、「老後生活を意識しはじめた投資スタイルに切り替えること」です。では、詳しく見ていきましょう。 「大きく増やす」ことよりも「減らさない」ことを意識しはじめるべき時期 子供が大学生になると、教育資金を将来のために用意しておく必要がなくなります。その他に必要だとしても、子供が結婚...
投資

資産運用のノウハウ「余裕資金を捻出するための節約術」

投資に興味があるけれど、生活に困る事態に陥ることになる金額を最初から投資に回すことは得策だとは言えません。まずは、いくら貯金ができたら株式などの資産運用を始めてもよいのか、ということを考えてみましょう。 資産運用をはじめるには一体いくら必要なの? 投資を始めるのは基本的には6ヶ月分の生活費を貯めた後にしましょう。毎月20万円で生活ができる方の場合は120万円程度と考えて。このお金は株式などのリスク資産から隔離をして預金や個人向け国債など元本の安全性が高い商品で備えましょう。 なぜ6ヶ月分も必要かというと、万一の際の失業や病気リスクに備えたいからです。会社を辞めた場合、退職後すぐに失業...
投資

副収入がある人のお金の管理術・複業を持つAさんの場合

数年前から大きな注目を集めている「副業」。今や、会社員が本業の他にもう一つ仕事を持っていることは、珍しいことではなくなってきました。さらには、もう一つの仕事をサブとするのではなく、どちらも本業と考える「複業」の意識で働く人も少なくありません。それでは、複数の仕事を掛け持つ場合、お金をどう管理していくのがよいのでしょうか。「複業」を行うAさんの事例をもとに、収支の管理方法や家計の改善ポイントを解説していきます。 副業(複業)をしている人ってどのくらいいるの? 近年、会社員の働き方は、従来までと大きく変わろうとしています。終身雇用や年功序列といった旧来の体制が崩壊し、一つの会社に定年まで勤...
働く

量子コンピュータはブロックチェーンの敵か救世主か?

広がるブロックチェーンの応用 分散型台帳としての機能を持つブロックチェーンは、当初、暗号通貨との関連で注目され、次世代のインフラ技術の1つとして脚光を浴びました。今では、金融分野以外にも、様々な産業における応用が期待されたり、実際に実用に供されつつあります。 たとえば、世界最大の小売りチェーンであるウォルマートは、IBMの協力を得て食品のトラッキングをブロックチェーンベースで行う技術のテスト運用を2016年から行ってきましたが、近々、本格運用に入る予定です。この作業は、従来方式では6日かかるところ、ブロックチェーン導入後は、わずか2秒で完了するとされています。 また、中国ではセクハラ...
トレンド

お得なクレカ選び、ポイントが貯めやすい通信キャリア系カード

新生活がスタートしました。春は新しく買い替えをする人、また新たに必要になるものを買う人など、普段よりお金を使う機会が増える時期です。また、この機会にスマートフォンを新機種に変える人もいるのではないでしょうか。そこで、キャリアごとにお得なクレジットカードを紹介します。Apple Payも利便性が高まり、春のスタートダッシュを後押ししてくれていますよ。 ローソンでは最大5%とかなりのお得 dカード dカードプリペイドもiD加盟店でApplePayでの支払いが可能 ドコモといえば「dカード」です。いつでも、どこで利用しても1%(100円につき1P)のdポイントがたまります。特に、ローソンで...
キャッシュレス

申請するだけでもらえるお金

スキルアップに家賃補助、出産にまつわる手当など、申請をするともらえるお金が あります。制度を知っておくことで、家計に有利に働くことがあります。ご自身のライフスタイルにあった制度をチェックして、活用することをおすすめします。 今回は、その中からどの家庭にも関係してきそうだけれど、見落としがちな制度をいくつかご紹介します。 雇用保険からスキルアップに給付金 会社員など、雇用保険に加入している人は条件を満たすと”教育訓練給付制度”を利用することができます。資格取得など、対象となる講座を受給するための費用の一部が支給されます。教育訓練給付には2種類あり、情報処理や簿記、TOEICなどの学習が...
貯蓄・節約