クレジットカードとデビットカード、どちらも国際ブランドがついていて、お店やレストラン、スーパーなどでの買い物に利用できるので、何が違うのかよくわからない人も多いと思います。クレジットとデビットの違いは何か、そしてどちらを利用すればよりお得になるのかを紹介したいと思います。

後払いのクレジットカード、即時払いのデビットカード

クレジットカードとデビットカードの最も大きな違いといえば、支払い方法です。 クレジットカードは後払いですが、デビットカードは即時払いです。クレジットカードは、スーパーなどで利用してから、大体1カ月後にカード会社が利用者の銀行口座から引き落としをする後払いです。一方、デビットカードは、スーパーなどで利用すると、利用金額が利用者の預金口座から即時に引き落とされます。

支払い回数は、クレジットカードの場合、1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いがありますが、デビットカードは1回払いのみです。

利用限度額は、クレジットカードの場合、カードの発行会社が設定する利用限度額と同額ですが、デビットカードは自分の預金口座の残高、または自分で設定した利用限度額のいずれかです。

支払い回数が選べるという点では、クレジットカードの方が便利そうです。ただ、クレジットカードだと使い過ぎてしまうという人にとっては、自分で利用限度額を設定できたり、あらかじめ口座に利用できる分だけを入れておくだけでいいデビットカードの方が向いていると言えるでしょう。

入会審査のないデビットカードは申込みしやすい

申し込み条件や入会審査などについてどうでしょうか。

申込み条件は、クレジットカードは18歳以上で、デビットカードは普通預金口座を持っている15歳以上(中学生を除く)です。

クレジットカードには入会審査がありますが、デビットカードにはありません。

年会費は、クレジットカードは無料のものから10万円以上のものまであります。デビットカードも年会費が無料のもの以外に有料のものもあります。ただ、デビットカードで年会費がかかっても1,000円程度というところが多いようです。

盗難保険やショッピング保険は、どちらもついているものが多いようです。デビットカードでは珍しい、旅行保険がついているカードもあります。

申し込み条件などについては、一般的な生活をしている人にとってはどちらでも問題はなさそうです。

お得を比較するとクレジットカードが優位

それでは、気になるポイントについてはどうでしょうか。

クレジットカードは、カードによって100円で1P、あるいは1,000円で1Pというようにポイントがつくものが多く、お得であることは間違いありません。

一方、デビットカードはというと、1,000円で1Pつくもの、利用額の0.5%のポイントがつくもの、あるいはキャッシュバックされるものなどがあります。

お得の目安となる還元率で比較すると、デビットカードは0.5%程度で、クレジットカードは1%、あるいは1%以上の還元率が期待できるものもあり、ポイントという点ではクレジットカードの方がお得と言えるでしょう。

基本的に、ポイントが貯まりやすいのはクレジットカードです。しかし、お得さでは若干劣りますが、即時払いの方が合うという方には、クレジットカードと同じように利用できるデビットカードは便利な支払いツールと言えるでしょう。


執筆者:岩田昭男

消費生活ジャーナリスト。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。ウェブサイト:上級カード道場

キャッシュレス生活の必需品
Moneytreeで毎月の収支を確認しよう

  • Download on the App store
  • Androidアプリ Google Play