クレジットカードやポイントカードをはじめ、ちょっとした支払いには電子マネーやスマホ決済アプリを使うなど、キャッシュレスの波に乗っている方も多いのではないでしょうか。電子マネーにおいてはSuicaやPASMOなどの交通系ICカードから、WAONや楽天edyなど流通系カードまで、種類も豊富になりました。他にも、楽天ペイやLINE PayなどのQRコード決済サービスも出てきています。現在は現金主流の時代からキャッシュレスの時代への変遷期とも言えそうです。

一方で、現金の方が使い過ぎない、という意見も聞こえてきます。そこで基本に立ち戻り、キャッシュレスの強みや家計改善への生かし方を紹介したいと思います。

盗難・不正利用による被害を縮小

お財布を紛失したり、盗難にあったりしたら、現金は抜き取られてしまう可能性が高いですが、クレジットカードなら利用を止めることで被害を最小限に食い止めることもできるでしょう。スマホで使っている決済サービスについても同様のことが言えます。

また、アプリを活用することでクレジットカードの支払履歴が簡単に確認できます。。クレジットカード払いの場合、履歴を追いやすく、知らぬ間の被害に気が付きやすいというメリットがありそうです。実際、Moneytreeのアプリユーザーからは、アプリで不正請求を発見できたという声も寄せられています。

カード利用でポイントやマイルが貯まる。スマホアプリで管理も簡単に

クレジットカードの支払いでポイントやマイルが貯めることは周知のこと。現金払いだと得られないポイントやマイルはキャッシュレス時代の新たな資産ともいえます。これらの管理はアプリを使えばより簡単に。Moneytreeの場合、ポイント・マイルの残高や有効期限まで管理できます。

更に、Moneytreeを上手に活用することにより、更なるメリットが得られます。

お金の流れの「見える化」で「無駄づかい」を改善

ファイナンシャルプランナーが節約のために掲げるポイントの一つに「お金の見える化」があります。現金の場合、日々の収支を管理するには、レシートを残して家計簿に記録するなどの方法がありますが、手間も時間もかかってしまいます。一方、クレジットカードならMoneytreeなどのアプリに連携することで、手間なく毎日の収支をアプリに集約することができるでしょう。

日ごろのお金やポイントの使い方をチェックすることで、カフェ代やコンビニでの買い物など、意識せずに支払っているものの発見につながります。自分のお金の使い方のクセ、消費傾向を見つけることで「無駄づかい」が改善できるはずです。

資産運用に自身のデータを役立てる

カードでの買い物内容や支払い回数、支払日、家計全体の収支を常に把握し「効率よくお金を扱うこと」が身についたのなら、自分の資産データをさらなる貯蓄や資産運用に役立てることもできるでしょう。キャッシュレスのメリットとはズレますが、フィンテック改革を急ぐ銀行をはじめ、様々な金融機関が近年新たなサービスを発表しています。中には、資産づくりに役立つアプリも出てきています。

日本銀行調査統計局が2018年8月に発表した「資金循環の日米欧比較」によると、日本の家計の金融資産構成について、現金の割合が米国やユーロ圏と比べ高く、投資して増やす、というより安全な貯蓄を選ぶ傾向にあります。「投資」への壁を高く感じている人も多いはず。しかしながら、少額投資をはじめ、投資へのハードルを下げるサービスが増えています。Moneytreeなどで自身の資産データを確認することができれば、余裕資金を元手に無理のない投資にも挑戦しやすくなるはずです。


執筆者:マネーツリー編集部

2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。創業当初よりSalesforce Ventures、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

キャッシュレス生活の必需品
Moneytreeで毎月の収支を確認しよう

  • Download on the App store
  • Androidアプリ Google Play