〝漁夫の利〟を得たJR東日本

具体的にどんなことが起きるのか、考えてみましょう。 iPhone 7にフェリカが載ったことで、フェリカが大きな力を持つのは間違いありません。しかし、いずれNFCの勢力の巻き返しがあります。日本独自規格のiPhone 7にはフェリカの他に、NFC(タイプA、タイプB)も同梱されていますから、準備が整ったら、いつでもVISA、マスターが主導するペイウエーブ、ペイパスといった新ツールを始めることができます。

そうなったときには、iDやクイックペイに頼らなくてもスマホでの決済サービスができるようになり、〝iD、クイックペイバブル〟がはじけることになります。そのとき、勇み足をしたクレジットカード会社や関連企業はどうなるのでしょうか。

また、逆にNFCのインフラを作り上げたとしても、フェリカ方式で結構と思う人が多くいて、思いの外、利用者が伸びないとなると、盟主のVISAにとってはゆゆしき事態です。そして、どちらにころんでも高笑いなのはスイカを擁するJR東日本とアップルでしょう。

日本のスマホユーザーの4割がiPhoneの利用者です。Suicaは5700万枚発行されており、モバイルSuicaの会員数は365万人です。かりに日本スマホユーザーの数を5000万人とすると、iPhoneの利用者は2000万人です。このうちの10%がSuicaを載せるとすれば、モバイルスイカの会員数はあっというまに500万人を突破します。まさに「漁夫の利」を得るのが、JR東日本ということになります。

このように考えてくると、今回の出来事の勝利者は、フェリカを使ったSuicaをiPhoneに載せることをアップルに認めさせたJR東日本ではないでしょうか。

ついにアップルによる緘口令が敷かれた!

さて、今回の大ニュースをめぐって、クレジットカード業界内部ではいろいろな話が飛び交っています。その話の中身は信憑性のあるものないものさまざまで、玉石混交といっていいかもしれません。私が取材したところによると、ほとんどのクレジットカード会社が口をそろえていうには、「iDとクイックペイが使えることになったために非常に喜んでいるカード会社が多い」というのです。いままでほとんど使われることのなかったこの二つの電子マネーが使われることになったという、単純といえば単純な理由からです。

クレジットカードのアメックスがiPhone 7で使えると一部のネット記事に書かれていますが、アメックスのなかで使えるのはセゾン・アメックスです。セゾンがアメックスと提携したカードは使えます。けれどもアメックスのプロパーカードは使えないのです。

VISAの場合はアップルペイに割り当てられたクレジットカード会社が発行しているカードで使えます。具体的には、三井住友カード、三菱UFJニコス、イオンカード、オリコカード、セゾンカード、dカード、auウォレットカードなどのVISAブランドのカードです。

ところが、VISAはリアルでは使えるのですがネットでは使えません。当面はアップルペイでSuicaを使う場合は、JCBかマスターカード対応のカードでなければだめだということです。

私のビュースイカカードはVISAなのでオートチャージができなくなります。オートチャージができなければ3倍ポイントもつきません。もしモバイルSuicaをiPhoneに載せるならクレジットカードを替えなければならないのです。これは非常に不便です。もちろんiPhoneを使わなければそれですむ話ですが。

こうした〝不都合〟がいろいろあってネットでは例によってさまざまな臆測が流れています。そのためアップルは、iPhone 7の新しいシステムに参加する予定のクレジットカード会社に対して緘口令を敷きました。「よけいなことはしゃべるな、秘密にしてくれ」というわけです。クレジットカード会社の間には戸惑いが広がっており、「アップルは説明責任を果たす義務がある」という声も出ています。アップル側からすれば、これから微調整をしながら使い勝手をよくしていこう、ということだとは思います(それがシリコンバレーのやり方です)。

しかし、日本人は最初から完成形を求めます。こんなところにも、彼我の文化の違いが図らずも浮き彫りにされています。今後、日本のiPhoneユーザーの特異性をいかに理解するか、それもアップルにとっては大事になってきます。日本のiPhoneユーザーのオタク度はかなり高いですから。

著者プロフィール

岩田昭男 消費生活ジャーナリスト。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

ウェブサイト:上級カード道場