先週6月30日(金)に、マネーツリーの常務取締役 マークとプロダクトマーケターの山口が消費者信用研究会にて講演をさせていただきました。講演の様子を少しご紹介したいと思います。

消費者信用研究会
消費者信用研究会

消費者信用研究会には、消費者信用業界の主要企業さまが加入しており、毎月1回のセミナーを行っているとのこと。消費者信用業界においても、銀行法の改正が発表されたことに伴い、APIへの興味関心がより高まっているようです。

会場の様子
消費者信用研究会・会場の様子

今回マネーツリーからお話しさせていただいたのは、オープンAPIとの連携の可能性、ということで、マネーツリーについてや最近の業界トレンドや弊社の個人資産管理・家計簿アプリ「Moneytree」と金融インフラプラットフォーム「MT LINK」に関して紹介させていただきました。

消費者信用研究会での講演テーマ
消費者信用研究会での講演テーマ

マネーツリーリーダーシップチームの紹介
マネーツリーリーダーシップチームの紹介

消費者信用研究会・前半のテーマについて
消費者信用研究会・前半のテーマについて

マークによるMoneytreeアプリデモの様子
マークによるMoneytreeアプリデモの様子

前半は、マークがMoneytreeアプリのデモ画面を紹介しながら、サービス内容について説明しました。既にご存知の方も多いのですが、マネーツリーのサービスには、B2C(個人資産管理・家計簿アプリ「Moneytree」)とB2B(金融インフラプラットフォーム「MT LINK」)のサービスがあり、それぞれ独立したものではなく、プラットフォームとして繋がりのある仕組みになっています。詳しくは、MT LINKサイトで紹介されています。

消費者信用研究会・後半のテーマについて.jpeg
消費者信用研究会・後半のテーマについて

山口によるMT LINKについての紹介の様子
山口によるMT LINKについての紹介の様子

後半では、山口がAPIのトレンドや弊社の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」の詳細や連携事例などの紹介をさせていただきました。 マネーツリーのサービスについての質問は、MT LINKサイトからも受け付けていますので、ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。


執筆者:マネーツリー編集部

2012年日本で起業。翌年、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイント、証券口座を自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を個人向けに提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を受賞。2015年、Moneytreeを元に構築されたデータアグリゲーションの金融インフラプラットフォーム「MT LINK」の案内を企業向けに開始。三大メガバンク系ファンドから投資を受ける。銀行・会計業界では日本最大級の金融系APIを提供している。2017年に、SBI、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。同年オーストラリア市場でサービス開始。もっとも信頼される個人の全てのお金にまつわる分野を統括したプラットフォーム構築を目指す。