みんなが待ってた、Apple Pay!

とうとう日本でもサービスが始まったApple Pay! iPhoneをレジのリーダーにかざすだけで支払いができたり、電車の改札を通れるようになりました。

さらに、Apple PayとMoneytreeの相性は抜群です!これからは、Apple Payで支払って、Moneytreeで確認することを、新しいライフスタイルとして提案します。

Apple Payを利用するには?

Apple Payのサービスを利用には、日本国内で販売されたiPhone 7/7 Plusが必要になります。またApple Watch Series 2を購入すれば、日本国内で販売されたiPhone 6以降と接続して利用できます。

Apple Payだけで1日を過ごせる!

Apple Payの魅力はなんといっても、支払いをスマートに行えること。お財布をとりだす手間も、小銭で膨れることもなく、iPhoneをレジにあるリーダーにかざすだけです。

さらに日本のApple PayはSuicaに対応しました。日本全国を走るほとんどの電車やバス、タクシーにiPhoneだけで乗れます。首都圏だけではなく、日本全国で使えるのです。

Suicaカードがなくても、Suicaが使える?!

Apple PayでSuicaを登録する方法は、二つあります。 一つは、手持ちのSuicaカードを読み込ませる方法。すでにSuicaカードを持っていれば、Walletアプリの指示に従い、iPhoneとカードをタッチさせることで、登録内容や残高を引き継がせられます。

登録の方法については、Appleが公開している、こちらの動画をご覧ください。

もう一つは、Suicaアプリで登録する方法です。今回はこれをメインに説明します。 これを使えば、全国どこでもApple PayでSuicaを利用できるようになります。

この方法には、もう一つ大きなメリットがあります。 Apple Payで登録できなかったクレジットカードが登録できるんです!

例えば、VISAカードは、現在、Apple Payで登録できませんが、Suicaアプリで、Suicaと自分の使っているカードを紐付けすれば、Apple Payで支払えるようになります。

「自分のクレジットカードは使えないんだよなぁ」と諦めていた方も、下記の手順を試してみてください!


執筆者:マネーツリー編集部

2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。創業当初よりSalesforce Ventures、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

これからの時代の強い味方
Moneytreeで資産管理を始めよう

  • Download on the App store
  • Androidアプリ Google Play