「Apple Pay」の使い方(Suica篇)

10月25日にiPhone 7のソフトウェアの更新があり、やっと「Apple Pay」(Apple Pay)が使えるようになった。これでSuica(スイカ)とクレジットカードをiPhone 7に入れて電車に乗ったリ、買い物に使ったりできるから楽しみだ。 ここではスイカとクレジットカードをiPhone 7に移行する方法とその利用について紹介してみたいが、これまでにない多くの「発明」があって驚く。

Apple Payとは何か?

いよいよ「Apple Pay」が登場する。これはiPhone 7に内蔵した非接触IC(フェリカ)を使い、スマホ自体を電子マネーやクレジットカードとして利用しようというもの。10月25日から本格運用に入るが、当初利用できるカードは、以下のとおり。 電子マネーは、スイカ、iD、QUICPay(クイックペイ) クレジットカードは、三井住友カード、三菱UFJニコス、クレディセゾン、オリコ、トヨタファイナンスなどの主要ーカードのほか、国際ブランドは、JCB、マスターカード、アメリカンエキスプレスなどとなっている。

Suicaの移行はいたって簡単!

ソフトウェアが更新されるのは、メイン画面にあるWallet(ウォレット)というアプリで、これをタップするとApple Payの画面が開く。画面が開いたら、まずスイカの移行から始めてみよう。スイカの登録は極めて簡単である。

まず、いつも使っているスイカやスイカ定期券を取り出して平らな机の上に置く。その上にiPhone 7をかぶせるようにして、「カードを追加」の文字をタップすると、スイカの情報のすべてがiPhone 7に転送される(この方式は日本向けに特別につくられたフェリカのリーダー機能を使って行われるもので、世界初の試み)。

スイカの残金やデポジット、定期券情報などの全情報が瞬時にiPhone 7に移行したことが画面で確認できる。一方、スイカのほうは情報が全部吸い上げられてもぬけの殻になってしまう。つまり使えなくなってしまうので注意したい。

次に、スイカの裏面に書いてあるカード番号の下4桁と生年月日を入力すれば、手続きが完了する。これでいつでもiPhone 7で電車に乗ったり、店で買い物ができるようになる。

楽になった登録とチャージ

これまでのアンドロイドのモバイルSuicaに比べると、登録の手間が劇的に減った。私は10年前からモバイルSuicaを使っているが、設定・登録するのに半日かかったことを覚えている。さまざまな個人情報を入力しなければならず、とても不便だった。それに比べるとApple Payは、入力するのはカードの下4桁と生年月日だけだからあっけないくらい早く終わった。

さらにチャージについても大幅な改善がなされている。スイカはプリペイド方式なので最初にお金をチャージして使う。最大2万円まで入れることができる。これまでは駅の券売機に行くか、コンビニでチャージするしかなかった。ビューカードを紐づけて、オートチャージできるようにすることもできるが、そこまでしているスイカユーザーはそれほど多くはない。

ところがiPhone 7ならApple Payで登録したクレジットカードを使ってWalletの中で、直接スイカにチャージできる。いつでもどこでも1円からチャージができるので、これも便利である(スイカ定期券の更新もできる)。

これがモバイルSuicaに比べての大きな改善点であり、Apple Payでスイカを使う上での最大の売りになっているのだ。

関西・九州在住でもスイカを使える

さらに、もう一つの驚くべき機能も登場するので紹介しておこう。それは関西や九州といったスイカ発売圏外の人でも、スイカを簡単に買い求めることができるサービスだ。 スイカはJR東日本が発行する電子マネーだから、基本は東日本エリアの駅でなければ購入できない。そのため関西や九州の人は東京土産にスイカを買って帰って地元で自慢するのが常であった。しかし、JR東日本が発行するスイカのアプリケーションで、全国どこに住んでいてもスイカを利用できるようになるのだ。 iPhone 7の中で電子的なスイカを生成するので、それを購入して、JRや地下鉄も含めて全国ほとんどの鉄道を利用できるようになる。スイカはApple Payのおかげで念願の全国共通カードとなる可能性が出てきた。