「Apple Pay」の使い方(クレジットカード篇)

クレジットカードの移行

クレジットカードの移行もスイカ同様に簡単だ。ApplePayに登録したいクレジットカードを机の上に置いてその上からiPhone 7を重ねるようにする。 Walletアプリを開いて「カードを追加」の文字をタップすると、iPhone 7本体で、スキャンが始まり、自動的にクレジットカード番号や氏名、有効期限などが登録される仕組みになっている(登録は手入力でもできる)。

ただ、クレジットカードは、スイカと違ってもうひと手間かかる。登録したいカードが「iD」か「QUICPay」かをはっきりさせる必要があるのだ。「これはちょっと厄介だな」と思う人もあるだろうが、実際にはまったく気にする必要はない。

というのもクレジットカードをiPhone 7に移行した瞬間に画面に現れるカード券面にはカードのグループ名がちゃんと表示されているからだ(送られてきた情報を瞬時に判断してカード会社がレッテルを貼っている)。だから、利用者は、店での支払いの時に、その画面を見て「IDで」とか「QUICPayで」といえば簡単に買い物ができるのだ。

Touch IDで本人確認

店でクレジットカードを利用するときは、まずApple Payの画面で利用したいカードを選ぶ。そして、「iD」か「QUICPay」かを店員に告げて、Touch ID(ホームボタン) に指を載せたまま、iPhone 7をレジ横のリーダーにかざせば、決済ができる。Touch IDに指を載せるのは、指紋による本人確認のためだからサインの必要はない。一方、スイカは、iPhone 7がスリープ状態でも支払いが完了するから、操作はクレジットカードより簡単といえる。

Apple Payに入るクレジットカードは全部で8枚。よく使うカードはメインカードとして登録するのがいいだろう。そうしておくといつも画面のいちばん上に表示されてすぐに使えるからだ。登録した他のカードを使いたいときは次ページでそのカードの名前をタップすると表に出てくる。

Apple Payのクレジットカードを使うと、オンラインの買い物も安全にできる。今までのオンラインショップはカード番号を入れないと買い物はできなかったが、Apple Payのマークのついた加盟店ならそのままTouch IDを押せば簡単にできる。カード番号を打ち込む必要がなく安心だ。またApple Payに最初に住所を登録しておけば、以後、入力せずに利用できるので便利である。

Apple Payの良さは、新たにアプリを入れたり会員登録をする必要がなく、長い間使い続けることができる点にあるのだろう。

Apple Payを使うことでスマホが完全に財布になってしまう。スマホ1つで買い物が出来るようになるからとても便利だ。

このほかに注目したいのは、Apple Payにポイントカードが乗るかどうか。日本はポイント天国だから、ぜひ載せてほしいところだが、どうもすんなり行きそうにない。とくに最近は共通ポイントがブーム化しているので、すぐにでも対応してくれるとうれしいのだが……。

Apple Payは米国で2014年に始まった。それから2年経ってやっと最近米国でロイヤリティープログラム(ポイントサービス)がスタートしたところだ。そう考えると、日本でも何年か後にはポイントカードも可能になるだろう。

一方の電子マネーはスイカの次は何が入ってくるかが注目される。これについても現在はまったくの未定という返事であった。ただし、スイカだけで終わる、ということはないようだ。