岩田先生の連載第2回目は、みなさんお馴染み、セブンイレブンとnanacoに関するお話です。みなさんはnanacoにチャージするとき、リクルートカードプラスでポイントをためていますか?リクルートカードの発表によると、2016年9月から、リクルートカードプラスからnanacoへのチャージは、ポイントがつかなくなるようです。Moneytreeでポイント管理してる方は、要チェック!

nanacoをメインしている利用者は、要注意!

クレジットカード業界の最近の大きなニュースといえば、リクルートカードプラスのnanacoチャージでポイントがつかなくなることです。

リクルートカードの正式発表によると、2016年9月16日(金)から、リクルートカードプラスのnanaco へのチャージ分については、ポイント付与の対象外になるということです(新規募集は2016年3月17日に中止になっています)。

これまで1万円のチャージで200円分のポイントがつきましたが、9月16日からはこれがゼロになってしまうのです。そのためnanacoチャージ用にこのカードを使っていた人たちがパニックに陥っているのです。

高還元率のカードがなくなる?

nanacoはセブン-イレブンで使える電子マネーとして人気があります。これまで、nanacoにチャージしてポイントが貯まるというカードは隠れた人気がありました。たとえばジャックスの漢方スタイルカードは1.5%という高い還元率で、カードユーザーの間では話題になっていました。

そういうおトクなカードがほかにもいくつかあって、リクルートカードプラスもそのひとつで、ポイント還元率は2%を誇っていました。ところが、昨年の後半から漢方スタイルカードをはじめとする高還元率カードが軒並み還元率を落とし、nanacoチャージのポイントは漢方スタイルカードで零点数パーセントに落ち込みました。

行き場を失ったカードユーザーたちが駆け込んだのが、まだ高い還元率を維持していたリクルートカードプラスだったのです。いわば〝還元率難民〟ともいうべき人々がそこで一息ついていたのですが、いよいよそこも狙い撃ちにあって、高いポイントが得られなくなってしまったのです。

リクルートカード決別の背景

リクルートカードプラスはすでに新規募集は中止していますが、なぜこういうことが起きたのかを考えてみると、nanacoと共通ポイントPonta(ポンタ)との関係が、その理由になっているようです。

というのも、リクルートポイントがPontaに統合されることになり、今後、リクルートカードのポイントがすべてPontaに代わっていきます。つまり、リクルートにしてみればこれから手持ちのポイントがどんどん外に出て行き、その費用が嵩むのは目に見えているために高還元率を維持できなくなってしまったのです。

一方、セブンとしても、たくさんのカード会社がnanacoにチャージしてくれるのはありがたいのですが、リクルートのようにチャージでたまるポイントが次々にローソンで使えるPontaに代わるようでは黙っていられないのも当然でしょう。「敵に塩を贈る」ようなものだからです。

そのために、チャージでポイントを付けるならセブンカードプラスのような身内のカードを使うようにしようと考えるようになったのでしょう。それで、外部のカードの締めつけにでてきた、そういう構図ではないかと私は見ています。

そして〝還元率難民〟が追い込まれて、とうとう行くところがなくなってしまったのですが、これは望む所ではないとnanacoもセブン-イレブンも考えています。そういう人々をなんとか助け出さなければならない。なんといってもnanacoのファンなのですから。

セブン-イレブンが打ち出したJCB優遇策

そこで考えたのが、セブン-イレブンと非常に関係の深い盟友、JCBとのコラボです。

JCBはアイワイカードの頃からの付き合いで、セブン-イレブンのカード関係の仕事を裏で仕切っています。そのJCBに少しアドバンテージを与えたいということで、ほかのカード会社とは距離を置くようになったのです。その詳細はこちらの後編でご説明します。

著者プロフィール

岩田昭男 消費生活ジャーナリスト。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

ウェブサイト:上級カード道場