Android版の「Moneytree」アプリで、Moneytree Work 経費精算がご利用いただけるようになりました。

Moneytree Work 経費精算は、モバイルSuicaに代表される電子マネー、クレジットカードや銀行口座の明細を個人の支出と会社の経費に分類し、経費明細としてクラウド上に保存できます。

入出金の可視化により細かく日々のキャッシュフローマネジメントができるため、フリーランスや個人事業主の方にもオススメです。さらに、年度末の確定申告時も経費のデータをまとめて一括出力し、会計ソフトにまとめてインポートできます。

また、出張の多い営業の方は、タクシーや電車等の交通費、カフェで使った会議費といった取りこぼしがちな経費からホテルの宿泊代や接待費などの高額な経費までを一括して管理できます。

仕事の経費も日々のお金の管理とともに、Moneytreeを利用して一箇所で管理し、「いつでも、どこでも、スマホで簡単に経費精算」を体感してみてください。 サービス内容および料金体系は下記の通りです。

サービス内容
①レシート添付と明細の照合を自動化
お手持ちのAndroidデバイスのカメラでスキャンしたレシートは、クラウド上に保存が可能。取り込んだレシートのデータを読み取り、Moneytreeで取得される明細と自動的に照合します。また、クラウド上に保存されているレシートは、いつでも確認ができ、別の明細に添付することができます。

②データ出力機能
経費精算書はもちろん、登録されている口座ごと又は全ての利用明細を出力可能。書き出されたファイルはCSV、Excel形式として、いつでも共有、Google Driveで保存、またはダウンロードができます。

③バックグラウンド更新
アプリケーションを開けない忙しいときでも、取引内容を最新の状態にアップデートします。更新頻度は、毎日または毎週でアカウント別に設定が可能です。

料金体系
月々プラン:月額 500円
年間プラン:年額 5,400円(450円/月に相当)
購入から1ヶ月、無料お試し期間を提供しています。

Google Playからダウンロード
img 156297 5


執筆者:マネーツリー編集部

2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。創業当初よりSalesforce Ventures、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

ポイントも電子マネーもまとめて管理
さっそくMoneytreeを試してみる

  • Download on the App store
  • Androidアプリ Google Play