Moneytreeブログ

働く

副業、フリマ売買、確定申告が必要なのものは?

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。平成30年は副業元年とも言われましたが、平成30年分の確定申告の相談及び申告の受付は、平成31年2月18日(月)から3月15日(金)までとなっております。ギリギリになって焦らなくて済むように今から準備をしておきたいですね。 会社員で確定申告が必要な副業とは。フリマ収益は必要? 会社員の多くは年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了するので確定申告の必要はありません。しかし、次の3つの条件のいずれかにあてはまる場合は、会社員でも確定申告が必要になります。 給与の年間収入金額が2000万円を超える人 1か所から給与の支払いを受け...
働く

2019年の確定申告、スマホで電子申告が可能に

ブログ「年収850万円超は増税に。フリーランスは電子申告で減税も」では、2020年から、年収850万円を超える会社員は実質増税になること、同年よりフリーランスなどの自営業者は電子申告を行うことで減税になる可能性があることをお伝えしました。国税庁としては、電子申告を浸透させたい考えもあるため、より多くの人が利用できるよう対応を広げています。 国税庁のサイトにある「確定申告書等作成コーナー」はとっても便利 確定申告を行う方法は複数あります。昔から医療費控除などを提出し慣れている人であれば、確定申告書類(紙)を税務署でもらってきて、手書きで記入している人もいるかもしれません。 国税庁のサイ...
働く

年収850万円超は増税に。フリーランスは電子申告で減税も

2018年の税制改正で、年収850万円の会社員は、2020年から実質増税になることが決まっています。また、フリーランスなどの自営業者の税額にはさほど変化はありませんが、電子申告を行うことで減税につながります。 今回は、会社員の「実質増税」、フリーランスの「減税」とはどういうことなのか、改正内容を詳しく説明します。 基礎控除が増え、概算の経費が頭打ちに 所得税や住民税を計算する元となる所得は「収入-経費=所得」という手順で算出します。所得から各種控除を差し引いて「課税所得」を計算し、課税所得に税率をかけることで税金の計算は行われています。 会社員は「給与所得控除」という形で、スーツや書...
働く

手取り月25万。売り上げはいくらが妥当なの?

大学で非常勤講師を務める著者が、大学生から投げかけられる疑問に答えるシリーズをお送りします。前回は、「アルバイト収入が103万を越えると家族の税負担にどう影響するの?」を解説しました。 今回は、社会人になって営業や販売に携わろうと考えている学生からの「自分の給料分を稼ぐには、どの程度の売上を上げればいいのか」という質問を元に、「手取りは売上の何割くらいなのか?」というテーマでお話ししたいと思います。なお、このお話は、会社員として働いていて自分の給与に納得がいかない方にも、ぜひ読んでいただきたい内容になっています。 売上高と人件費の比率から見ると、給与は少なく感じる 自分の手取りが売上...
働く

損をしないための年末調整と確定申告

会社員として働いていると、納税は会社が代わりに行ってくれるため、普段はなかなか税金について意識することはないかもしれません。改めて考える機会があるとすれば、毎年年末に会社で行われる「年末調整」や、必要に応じて自ら行う「確定申告」の時でしょう。年末調整や確定申告は、税金で損をしないための大切な作業でもあります。特に会社員は「確定申告」を見落としがちです。年末調整や確定申告の必要性について、改めて考えてみましょう。 会社で行う年末調整は何のため? 毎年決まって行われる年末調整は、給与を支払う会社の義務となっています。ではどのような理由で、年末調整が必要なのでしょうか。会社員や公務員の場合、...
働く

アルバイト収入が103万を越えると家族の税負担にどう影響するの?

大学で非常勤講師として、金融教育を行なっている著者ですが、大学生から「お金に関する疑問」を投げかけられます。アルバイトや一人暮らしをして、初めて「お金と真剣に向き合う」ようになった人が多いでしょう。しかし、これまでお金について誰からも教わっていないが故に、後から問題に気付いて困った、というケースも少なくありません。そこで、これから3回に渡り、彼らからの疑問に答えていきたいと思います。今回は「アルバイトで稼ぐ金額によって所得税はどう変わるのか」という質問にお答えします。 年収103万円を超えると、所得税がかかる 学費や生活費の足しにしたい。社会人になる前に経験を積んでおきたい。大学生にな...
働く

確認しておきたい、働けなくなった時に使える制度や保険

前回のブログ、会社員なら知っておきたい『特定支出控除』とは、では会社員が確定申告で経費として申告できる内容について紹介しました。 今回は、働けなくなった時に使える制度や保険について紹介します。「病気やケガで働けなくなったらどうしよう」。仕事を持つ方であれば、誰しも一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。特に、家族を養っている場合、休職した時の家計への影響を考えるととても不安なものです。 そうした不安に応える形で、最近では「就業不能保険」と呼ばれる保険が注目を集めています。しかし、万が一休業せざるを得ない状況になった時には、まずは公的な制度を利用することができます。 まず確認...
働く

会社員なら知っておきたい『特定支出控除』とは

会社員が使える「特定支出控除」という制度をご存知でしょうか。これは、仕事のために買ったスーツや書籍、資格取得の費用などが経費にできるというものです。仕事に必要と認められた経費を負担し、一定の金額を超えた場合、確定申告を行えば払い過ぎた税金を還付してもらえます。 「サラリーマンの経費は会社が払ってくれるし、確定申告するものはない」と思っている人も多いかもしれませんが、経費だと意識していなかったものでも確定申告することで控除される可能性があるのです。 特定支出控除の対象になる経費の範囲は広い 特定支出控除は、2013年分からその基準が見直され、対象項目や対象者の範囲が大きく広がり、より多...
働く

副収入がある人のお金の管理術・複業を持つAさんの場合

数年前から大きな注目を集めている「副業」。今や、会社員が本業の他にもう一つ仕事を持っていることは、珍しいことではなくなってきました。さらには、もう一つの仕事をサブとするのではなく、どちらも本業と考える「複業」の意識で働く人も少なくありません。それでは、複数の仕事を掛け持つ場合、お金をどう管理していくのがよいのでしょうか。「複業」を行うAさんの事例をもとに、収支の管理方法や家計の改善ポイントを解説していきます。 副業(複業)をしている人ってどのくらいいるの? 近年、会社員の働き方は、従来までと大きく変わろうとしています。終身雇用や年功序列といった旧来の体制が崩壊し、一つの会社に定年まで勤...
働く

「パパママ育休プラス」とは?制度内容と取得条件を解説

「パパママ育休プラス」という制度をご存知でしょうか。働く子育て世代の方なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。この制度は、両親がともに育児休業を取る場合に適用される特例となっています。主に、父親にも育児休業の取得を促すことが目的のパパママ育休プラスですが、どのような内容なのでしょうか。概要や注意点、そして、育休の取得パターンなどについてまとめてみました。 パパママ育休プラスはどんな制度? 2010年からスタートした、パパママ育休プラス。この制度は、母親だけでなく父親も育児休暇を取得して育児に参加する場合、それまで1年間だった育児休業期間を2ヶ月延長し、子どもが1歳2ヶ月になるまで...
働く