Moneytreeブログ

ライフプラン

老後資金2000万円を貯める方法をFPが解説

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。金融庁が「老後資金として2000万円の蓄えが必要」と指摘したレポートを発表し、大変な話題となっています。前回は「なぜ老後資金に2000万円が必要になるのか」をお伝えしましたが、今回は老後資金という大きな資金を作る具体的な方法をお伝えします。 2000万円という大きな金額をどのように貯めればいい? さて、いきなり「2000万円」という大きな金額を貯めようとすると、数字が大き過ぎて思考停止になる人も多いものです。  大きな目標を立てる場合は必ず目標を小さく細分化しましょう。「毎年何万円の投資を何年続ける」というようなことです。  例えば、毎...
ライフプラン

どうして「老後資金に2000万円必要」なの? FPが解説

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。金融庁が「老後資金として2000万円の蓄えが必要」と指摘したレポートを発表し、大変な話題となっています。なぜ老後資金に2000万円が必要になるのか、老後に向けた資産形成やライフプランを加入している年金別に一緒に考えていきましょう。 老後に必要なお金はいくら ケース別に解説 「総務省家計調査2017年」によると、高齢夫婦、無職世帯の1カ月の消費支出および非消費支出(生活費以外の税金や社会保障費などの支出)の平均額は26万3717円です。これは、生活費や住居費(持ち家が前提)、医療費に加えて、非消費支出の支払いなども含めた金額です。この金額から65...
ライフプラン

お金の目的別カテゴリーで家計改善をしよう

2月も後半に突入しました。「今年こそ、無駄使いをやめて節約しよう」「去年までできなかった貯金をするぞ」と意気込んでいた方もそうでなかった方も、このブログが家計の管理について再考するきっかけになればと思います。 今回は一歩進み、お金には“目的別のカテゴリー”があることを知ったうえで、家計改善をしてみませんか。将来に必要なお金、人生を豊かにするためのお金などにも目を向けることで、家計のやりくりにも張り合いが出てくるはずです。ブログでは、家計改善で意識したい「お金の目的別カテゴリー」をご紹介します。 家計改善は節約だけ?お金の目的別カテゴリーを知ろう 「お金はとにかく節約するのが良い」と、...
ライフプラン

安定した生活イコール大企業や公務員への就職なの?

大学で非常勤講師を務める著者が、大学生から投げかけられる疑問に答えます。今回は「就職先は大企業や公務員だと安心できるのか」というテーマでお話ししたいと思います。 大企業や自治体などに勤めることができれば、より安定した生活が得られる可能性は高くなるかもしれません。しかし、それだけで安心できる世の中ではないことも意識しておき、若いうちから対策を取っておくことが重要です。 「将来安泰」というのは、どんな状況? 大企業の従業員や公務員として就職することが「安泰」なのかを考えるためには、まず「どんな状態が安泰なのか」を考えておく必要があります。 そこまで意識して考えていなくとも、「仕事やお金...
ライフプラン

生涯未婚かもしれない人のマネープラン

「このまま一生独身で過ごすかもしれない」と考えている人は多くいます。気になるのはお金のこと。「老後の備えはどうすればいいの?」といった相談は多いです。今回は、結婚しないかもしれない人のマネープランについてご紹介します。 一度も結婚しない人はどのくらいいる? 一人で気ままに生きていくのが一番。一緒に暮らしたいと思う人と出会わなかった。様々な理由で「一生結婚はせず独身かも…」と考える人がいます。また、マネー相談に来られる方は、働き盛りの時期から老後に備えたい、という思いの強い方が多いです。 では、生涯一度も結婚をしない人はどのくらいいるのでしょうか。国立社会保障・人口問題研究所の調査(2015...
ライフプラン

出産後は仕事を辞めたい、でも家計は大丈夫?Moneytreeでシュミレーションしてみました

結婚や出産を機に、仕事よりも家庭を優先したいと考える人も多いのではないでしょうか。ライフスタイルの変化で働き方も変えたい場合には、家計をどのように備えておけばいいのか気になりますよね。今回は、「子どもを産んだら仕事を辞めたい」と考えている共働き夫婦の家計をご紹介し、働き方を変えたい人のマネープランについて解説していきます。 女性が働き方を変えたいのはどんな時? 結婚後も変わらずバリバリ働き、「出産しても仕事は続けてキャリアを築きたい」と考えている女性でも、いざ子どもを授かる頃になると、「仕事よりも家庭を優先した方がいいのでは」と考えるようになった、という話をよく耳にします。 保育園に...
ライフプラン

4月以降、生命保険は安くなり、医療保険は高くなる?

日本にはお金に関する様々な制度があります。制度を正しく知り活用することを提案する「制度を知ると得するシリーズ」を4回にわたりお届けします。第1回目は「保険」に焦点を当ててみました。 2018年4月は保険料の見直しが予定されています。「今まさに保険の切替や加入を検討している人であれば」、タイミングを前後させることで割安になるかもしれません。 保険をつかさどる大数の法則 さいころを振って1の目が出る確率は1/6ですが、6回さいころを振ったからといって、必ず1の目が1度出るとは限りません。6回振ると1回くらい、12回振ると2回くらい、18回振ると3回くらい1の目が出ることが期待されますが...
ライフプラン

人生の三大支出、「教育資金」ってどのくらいかかるの?

前回の「出産、子育て、教育、子どもにかかるお金を知ろう!」の中で触れた「教育資金」について、今回は具体的にご紹介していきます。 教育資金は人生の三大支出の一つと言われ、より計画的な準備が必要となります。その準備である「教育資金づくり」についても、お話しします。 教育資金の目安 「出産、子育て、教育、子どもにかかるお金を知ろう!」の記事の中では、教育資金のイメージとして、幼稚園(3年)から大学まですべて私立だと、約2,000万円、すべて公立でも、約750万円かかるとお伝えしました。具体的には、以下の表にあるように、幼稚園、小・中・高・大学と、公立・私立と、それぞれ、年間の教育資金が異なり...
ライフプラン

人生100年時代に向けたマネー戦略

『人生100年』。この言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。昨年の8月、安倍内閣総理大臣が記者会見の中で語った言葉です。内閣改造後、各大臣への期待として語られる中で用いられました。 その内容は抜粋すると以下です。『茂木大臣には、今回新たに設けることとした「人づくり革命」の担当大臣もお願いしました。子供たちの誰もが家庭の経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。幾つになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生100年時代を見据えた経済社会の在り方を大胆に構想してもらいたいと思います。』 さて、この人生100年という言葉、どこから出てきたの...
ライフプラン

お家・マンションを買う前に調べておきたい3つのポイント

お子さんをお持ちのパパ、ママにとってお家やマンションを購入するときに気になることとはなんでしょうか。立地、購入金額、日当たり、駐車場、広さ、間取り、眺望や交通の便の良さなど、挙げたらきりがないくらいですね。 国土交通省の『平成28年度住宅市場動向調査』によると、初めて住宅を取得した「一次取得者」の世帯主の年齢は30代が最も多いとのデータがあります。男女の平均初婚年齢が30歳前後であることを考えると、結婚後に住宅の取得を行う動きが考えられます。中古の住宅を除く世帯主の平均年齢は30代半ばから後半であり、お子さんが生まれて数年し、家族の人数構成が固まってから住宅の取得に踏み切ることが想像で...
ライフプラン