「手数料が安い」「スマホで管理ができる」など最近CMでも見るネットバンクですが、日本は先進国でも浸透率が最も低い国として有名です。まだまだ理解がされていないネットバンクのメリット・デメリットをきちんと理解して使いこなせるよう、いろんな角度から検討してみましょう。 *ここでいうネットバンクは、大手都市銀行などで利用できるインターネットバンキングサービス(ネットバンキング)とは異なります。

  1. ネットバンク(銀行)とは?

銀行の窓口や独自のATMや通帳を持たないネット上の銀行です。人件費や土地代などが削減できる分、手数料が低かったり、大手銀行より預金金利が高かったりすることでも知られている、次世代の銀行と言えるでしょう。窓口や実店舗を持たないことも多いので、不安になるかもしれませんが、いつでもネット上からアクセスしてやりとりができたり、大手銀行と提携してATMが無料でりようできたりと、消費者にとって便利なサービスを提供できしています。ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行などが日本でも有名になりました。

  1. メリットは?

まずなんといっても手数料の安さを挙げることができます。全国のコンビににあるATMを利用して預け入れや振込もできますし、手数料が無料の場合も多いです(ネットバンクによって異なる)。また、預金をした際の金利が、都市銀行や地方銀行と比べ高いのもうれしいですね。オンラインで株取引の口座をお持ちの場合は、送金をスムーズに行う事もできます。

  1. 口座開設の前に気をつけよう

普段から通帳記入をとおしてお金の管理をしたり、家計簿をつけている人にとっては一番気になるポイントが、「通帳がない」ということでしょうか。また、普段からパソコンを利用していない場合、パスワードの管理はもちろん、キーボード入力でさえ不便と感じる事はあるでしょう。しかし、利用明細をダウンロードやプリントアウトすることもできますし、実際の相談窓口店舗を設けているネットバンクも多くあります。自分に合ったネットバンクを選んでから、口座開設にすすみましょう。

  1. 口座開設をはじめよう

まずは、どんなふうに利用したいのか、利用シーンを考えてネットバンクを選ぶのをオススメします。例えば、「ATMを無料で使いたい」のならば、「じぶん銀行」がオススメ。「投資資金を動かしたい」なら、系列の証券会社も持つ「楽天銀行」や「住信SBI銀行」なら手数料も安く、資金の移動が便利です。口座開設は、実店舗の銀行と同じように住所の証明や個人情報の登録が必要になります。ネットや申し込み用紙の送付のやり取りを伴いますので、少し時間にゆとりを持つといいでしょう。一度始めてみればその便利さに気づくはずです。