岩田先生の連載第3回目は、ドコモが昨年の12月1日からスタートさせた、dポイントについてのお話です。dポイントのおトクな貯め方から、還元率10%の裏技まで紹介されてるので、貯めてる方は要チェックです!

TVCMで話題のdポイント

dポイントについてはドコモがテレビのCMや電車内のビジョン広告(ドアの上にあるモニターに映し出される動画広告)で大々的に宣伝しているので、ご覧になった方も多いと思います。

女性タレント(中条あやみ)と鳥(ポインコ)のかけあいが楽しく、「dポイント、ローソンで貯まる。Have a nice day!」「dポイントならローソンで3%オフ!」「マクドナルドで3%オフ!」などのフレーズが印象的なCMが話題になっています。

dポイントってなに?

このCMだけでは、ローソンやマクドナルドで使うとおトクなんだなとわかっても、dポイントがどういうものなのかいまひとつよくわからないという方がいるかもしれません。 

dポイントは、それまでのドコモポイントを新しくしたもので、ポイントを貯めるdポイントカードは、全国のドコモショップやローソンで無料で手に入れることができます。

これまでドコモポイントは使い道が機種変更のときくらいで、貯まった先から失効していくといってもいいような悲惨な状況でした。それが、これからは非常に使い勝手のいいポイントに生まれ変わったのです。

ローソン、マックで買い物をすると最大5%おトク

まず、ローソンやマクドナルドといったリアル店舗で買い物をするとポイントが貯まったり、貯まったポイントを使えるようになりました。

還元率は100円につき1ポイントの1%ですが、ローソンでdポイントを使って買い物をすると3%の割引となり、マクドナルドを利用してもすべての商品が3%の割引となります(マックのキャンペーンは6月30日まで)。

それから、携帯料金の支払いでポイントが貯まり、貯まったポイントを支払いに充てることもできるようになっています。また、ソニーストアやDHCのネットショップを利用しても同様のサービスが受けられます。

さらにおトクなdポイントの貯め方

しかも、クレジット機能の付いたdカードを使えばなんと最大5%の割引となります。3%の割引に加えて、iD決済で1%、クレジットカード決済でさらに1%のポイントがつき、実質で5%もおトクになるのです。

このdカードとは、これまでDCMXカードといわれていたドコモのクレジットカードが新しくなったものです。ポイント(dポイント)と電子マネー(iD)とクレジットカード(dカード)の3つの機能が備わっていることから、三位一体カードと呼ばれています。

この3つが揃っていればポイントの取りこぼしがありませんから、dポイントを貯めるにはこのカードを持つのが近道なのです。

特典豊富なdポイントクラブ

ちなみにドコモには、dポイントクラブという会員ステージがあって、利用実績や契約年数に応じてレギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4つのステージがあり、上位ステージになればなるほど、おトクな特典を得られます。

各ステージにはさまざまな特典がありますが、その1つがポイント還元です。レギュラー、ブロンズ、シルバーのステージでは、dポイントが1000円につき10ポイント還元(1%)されますが、ゴールドステージになると、1000円につき100ポイント還元(10%)されるのでおトクです。

dカードゴールドなら10%還元も

さらに、dカードにはdカードゴールドという最上級カードがあり、このカードに入会するとその時点で会員ステージのゴールドの資格を得られて、還元率の優待を受けられます。つまり、そのカードで、携帯料金やドコモ光の料金を支払うと、支払額の10%がdポイントに還元されます。1000円の支払額に対してdポイントが100ポイントつくのです。

dカードゴールドをもてば、その時点ですぐにゴールドステージの資格をもらえるので、これは見逃せません。15年以上の会員歴を持つ必要もありませんし、買い物で1万ポイントを貯める苦労も必要ありません。入会と同時に10%優待を受けられるのですから、ドコモ履歴の短い20代~30代の人にとっても魅力的でしょう。

後編はこちらです。

著者プロフィール

岩田昭男 消費生活ジャーナリスト。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動する。

ウェブサイト:上級カード道場