Moneytreeブログ

トレンド

キャッシュレスのすすめ: 第2回

こんにちは、サッシャです。キャッシュレスのすすめ第2回、今回から本格的にキャッシュレスライフへの道を進めて行きたいと思います。まず、これまでのお金の支払いの歴史について、振り返りましょう。 決済の歴史 そもそも、支払いの歴史を簡単に振り返ってみると・・・昔は買い物の支払いは現金が中心、クレジットカードを持つことも簡単ではない時代が長く続きました。アメリカには小切手(トラベラーズチェック)をもって旅行や出張に行くのがあたりまえでしたね。そんなわけで庶民は現金。一部の富裕層や、あくまでのも現金の補完としての利用がメインだったクレジットカード。 その状況を大きく日本で変えたであろう出...
トレンド

実はカンタン!起業するために必要な唯一のこと

起業と聞いてみなさんはどんな印象を持ちますか?「自分のやりたいことをやる」、「夢をかなえる」、「今よりお金を稼ぐ」などなど、華やかなイメージがある一方で、「失敗したら取り返しがつかない」、「借金地獄」などのマイナスなイメージが浮かんでくる方もいらっしゃることでしょう。 自分の夢や、やりたいことがあるのに、起業に二の足を踏んでいる方も、おそらくたくさんいるのではないでしょうか。しかし、見方を変えれば、このマイナスさえ払拭することができれば、起業をすることはさして難しいことではない、ともいえるんですよ。 多くの起業家の方々へインタビューで、私は起業する人の考えていることや起業に必要な...
トレンド

どこまで広がる共通ポイント(後編)

岩田先生の連載第6回目、後編です。前編では大手企業の共通ポイントへの参入に関してでした。後編では、各共通ポイントの違いや自分にあった選び方について、ご紹介します。 共通ポイントの内部統合 前編では、続々と共通ポイントが増え、何を選ぶべきかわかりにくくなっているお話をしました。それでは、各共通ポイントはどう違うのでしょうか?それを最近発表されたイオンのWAON POINTで調べてみましょう。6月にスタートするイオンの共通ポイントWAON POINTに注目が集まっています。イオングループには、電子マネーワオンの「ワオンポイント」、イオンカードの「ときめきポイント」があり、それに新しく...
トレンド

どこまで広がる共通ポイント(前編)

岩田先生の連載第6回目は、共通ポイント業界に関する記事です。共通ポイントの人気は高まるばかり、新しいプレイヤーも次々でてきて賑やかです。岩田先生は以前から、2000万人の会員をもつ企業・組織なら、どこでも共通ポイントをだす資格がある、そういう時代がやってくるだろうと言ってきました。そして、いま共通ポイントの世界は確実にそちらに向かっています。 大手企業の参入 これまでレンタル店やネット事業者を中心に共通ポイントは動いてきましたが、今後は規模の大きな事業者ならどこでも参入してくる可能性があります。 目的はビッグデータの収集です。コンピュータとAI(artificial intelligence...
トレンド

忙しいあなたに!税務署に行かずに簡単開業手続き

「どうやったら開業できるんだろう?」新年を迎えて、ふと思いました。中小企業診断士を取得して2年が経ち、起業をする中小企業診断士同期も出てきたので、漠然と疑問に感じはじめました。 ということで、私も実際に開業をしてみましたので、その開業届提出記をお伝えします。 提出の方法は、税務署の窓口での届出、郵送での届出、e-TAXでの届出の3つです。今回は窓口に行く余裕がなく、マイナンバーカードもまだできていなかったので、「郵送での届出」で実施しました。 自宅で作成 まず、インターネットから届出書をダウンロードして記入してみました。ダウンロードはこちら 書き始めるとわからないことが出てきたの...
トレンド

朝ごはんのススメ

仕事効率を上げる為に、大事な商談を朝に入れる人、増えていますね。優先順位が高い仕事を、午前中にもってくる。仕事が出来るビジネスパーソンほど、朝型。「朝活」なんて言葉も今や一般的です。朝に仕事をしたいけど、早起きは苦手、なかなかスイッチが入らないという方。やるべきことに気持ちが伴わない時は、まず行動を起こしてみてはいかがでしょうか。 例えば、数々の記録を塗り替えてきたイチロー選手は、日々のルーティンワークこそ重要と位置付けています。それは、食事も然り。毎朝カレーを食べるイチロー選手の食生活が話題となり、空前の朝カレーブームが起きたことは記憶に懐かしいですね。まずは脳を目覚めさせるため...
トレンド

今からでも間に合う!マイナンバーの基礎知識

平成28年1月からいよいよマイナンバー制度がスタートしました。みなさんも昨年は準備に大わらわだったことでしょう。「一通りは準備をしたけれど、結局マイナンバーって何なの?」「実はまだ準備ができていないのだけど」――まだ、大丈夫です。マイナンバー制度の基礎をおさらいしておきましょう。 そもそも何のためにあるの? マイナンバー制度では一人ひとりに12桁の番号がつけられる。これはご存知のことでしょう。でも、わざわざ番号をつけてどうするのでしょうか。マイナンバー制度の狙いは大きく3つです。 1.行政の効率化 2.国民の利便性の向上 3.公平・公正な社会の実現 とはいえ、いきなり大が...
トレンド

知ってて得する、知らなきゃ損する、軽減税率

昨年後半からニュースでよく耳にするようになった「軽減税率」の導入。軽減というワードを聞くと、何らかの恩恵を受けられるのではないかと思うかもしれませんが、実際はどういうことが行われようとしているのでしょうか。 その内容は、2017年4月1日に消費税増税が行われ、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、その中で、一部の生活に関連する品目については現行の8%に据え置かれる予定です。軽減税率が適用される品目について、消費者側はもちろんですが、事業者側も内容を把握しておく必要があります。事業者側にとって、納税義務に関わる問題でもあるからです。軽減税率が適用される前に、制度を正しく理解してお...
トレンド

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 4)

岩田先生の連載第5回目、Part 4です。イオンVSセブンの共通ポイント戦争がこれからどう展開されていくのか、その今後に迫ります。 外部に提携先を広げて使い勝手をよくしたWAON 前回のPart 3では、nanacoのポイント還元率についてお話ししました。このポイントの面ではナナコが非常に有利なわけですが、ポイントの拡販という営業面では対照的でした。WAONはいけいけどんどんで、吉野家やファミリーマートなどのナショナルチェーンと提携してグループの外でポイントを使えるようにしました。 それに比べるとナナコはいってみれば純血主義で、セブン‐イレブンを中心としたグループ内の利用に限ら...
トレンド

大手流通のイオンがいよいよ共通ポイントに参入!(Part 3)

岩田先生の連載第5回目、Part 3です。イオンが共通ポイントに参入したことで、セブンとの共通ポイント戦争が勃発します。 絶妙のタイミング セブン‐イレブンの育ての親といわれる鈴木敏文会長が引退を表明したその日(4月7日)に、イオンが自社ポイントWAONの共通ポイント化を発表したのです。ライバルが混乱しているすきに、また、nanaco(ナナコ)が今後半年は混乱するだろうことを見越して先制パンチをくらわした格好です。 それにしても両社のライバル意識の強さは凄まじいものがあります。両社とも2007年の4月にWAONとナナコの電子マネー、ポイントサービスをスタートさせています。ナナコ...
トレンド