Moneytreeブログ

トレンド

「62億人」の潜在顧客をもつ、JR東日本の共通ポイント「JREポイント」 Part 4

JR東日本の持つ圧倒的な強み JRE POINTの強みはなんといっても膨大な潜在需要です。母体となるJR東日本は単なる鉄道会社ではなく、総合的なサービスを提供する生活インフラ企業という位置づけも可能です。駅ビル事業の売り上げは年間1兆円、小売り事業は4000億円を超えています。 その背景にあるのが、1日1700万人、1年間で62億人に達するJR東日本管内の駅の利用客です。この世界人口75億人に匹敵するような潜在顧客に対して、いちばん便利なポイントを提供しようというのがJRE POINTなのです。 共通ポイントというと、グループの外に出て加盟店(市場)を開拓するというイメージがあります...
トレンド

退職してからでは遅い!思い立ったが吉日の生涯設計

経営者のみなさまは、自社をどうやって軌道に乗せていけばいいだろう?5年後や10年後にはどのように安定成長もしくは拡大成長を目指していこうか?と日々考えられていると思います。 経営者の方は、自社のビジネスの現状と将来を念入りに検討されていると思いますが、意外と個人としての今後のことを忘れていませんか?もし、特にビジネスをせずに老後を暮らそうと思えば、標準的な生活を送るためには月々の生活費はいくらぐらい必要なのか。ゆとりある生活を送るためにはどうすればいいのか、等々… そこで、いわゆるセカンドキャリアをどのように過ごしていくのかを考え、早い段階からプランニングしておきましょう! 何はとも...
トレンド

「62億人」の潜在顧客をもつ、JR東日本の共通ポイント「JREポイント」 Part 3

共通ポイントのJRE POINTによって駅ビルのポイントカードを統合したあとのJR東日本の狙いは、ビューカードやSuicaとの連携です。現在、ビューカードで貯まるビューサンクスポイントやSuicaで貯まるSuicaポイントをJRE POINTに一本化してしまおうというわけです。 Suicaポイントとの統合 まず発行枚数が5000万を超えているSuicaのSuicaポイントを取り込むのではないかと考えられます。Suicaポイントを貯めるにはSuicaを持つだけではだめで、「Suicaポイントクラブ」の会員にならなければなりません。 Suicaポイントクラブに加入してからSuicaを使っ...
トレンド

「62億人」の潜在顧客をもつ、JR東日本の共通ポイント「JREポイント」 Part 2

貯めやすくて使いやすいポイントに進化する 新しい共通ポイントができたことによって、これまで各駅ビルが発行していたポイントカードを利用していた顧客は、JRE POINTカードに切り替えることで新しいポイントサービスを受けることができます(切り替えをしなくても、従来の駅ビルカードをそのまま使えるものもあります)。 JRE POINTカードに替えれば1枚のカードで複数の駅ビル店舗で利用できるのですから、いくつものカードを財布に入れておく必要はなくなります。JRE POINTのポイント還元率は100円で1ポイント(1円)=1%ですから、それまでの駅ビルカードと同じです。大きく変わったのは、貯ま...
トレンド

まずやってみよう営業活動を活性化するWeb活用術

スマートフォンの普及によって、いつでもどこでもインターネットを使えることが当たり前のことになりました。特に、TwitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアサービスを使うことで、より生の情報を入手することも発信することも可能になっています。 情報を広く発信することが可能になる一方で、情報の受け手にとって不快な情報が意図せず発信されることによって、個人が特定されて攻撃されるなどの『炎上』といわれる現象も発生するようになりました。企業にとっては炎上のリスクには注意しながら、ソーシャルメディアを上手に使いこなしてお客様を増やしていきたいところです。 しかし、ソーシャルメデ...
トレンド

あなたの事業の見直し方

皆さんはご自身の事業の良いところや悪いところを含めて把握されていますか?今回ご紹介するのは、今、流行りの事業全体を俯瞰して捉えるためのツール「ビジネスモデルキャンバス」です。「最近たまに聞くけど、ビジネスモデル?キャンバス?カタカナばかりで何のこと?訳がわからない」と思われる方も多いと思います。 ビジネスモデルキャンバスとは、ベストセラーにもなった書籍「ビジネスモデルジェネレーション」によって、日本で流行り出した事業を見える化するための道具です。大企業でも組織的に新事業の創出に活用され始めています。SWOT分析や3C分析のように標準的な分析ツールになりつつあります。 今、ビジネスモデル...
トレンド

お金にまつわる便利なアプリ

Moneytreeのような家計管理アプリ(PFM)もお金を守るための強い味方ですが、PFM以外にも、お金と心地よく関わるための助けをしてくれるアプリがあります。もしかしたら既に利用されているものもあるかもしれません。 ポイントカードアプリ Moneytreeでも情報を連携してポイント残高を確認できますが、T-Point、楽天ポイント、Ponta、dポイントの4大共通ポイントカードについても、公式アプリが出そろっています。公式アプリはカードの代わりになり、お財布の中のカードの枚数を減らすことのお手伝いになる意味合いも強いです。お店の読み取り機が新しいものであればアプリで表示させたバーコー...
トレンド

クレジットカードで失敗しない3つのルール

「セールや旅行でクレジットカードを使い過ぎちゃった」そんな人も多いのではないでしょうか。クレジットカードはポイントが貯まる、サービスを受けられるなどお得な反面、手元に現金がなくても後払いにできるので使い過ぎてしまうことも。今回はクレジットカードで失敗しない3つのルールをお伝えしたいと思います。 利用限度額のマイルールを決めておく 「来月のカードの請求額は10万円なのに、残高が・・・」 貯金残高以上に使い過ぎてしまってお金の工面に困るなんてことのないようにあらかじめ利用額のマイルールを決めておきましょう。 クレジットカードの利用限度額はカード会社が決めますが、自分のなかでも利用額の上限...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 5

楽天ポイントの打開策 前回のブログ、Part 4で前述したように、楽天はリアルに出ていこうとしたのですが、これまではあまりうまくいきませんでした。Tポイント、ポンタに続く三番手のハンデは予想以上に大きかったということです。ポイントに関する施策を根本的に考え直す時期にきているといえるでしょう。 できれば、ミセス・ミキタニに登場してもらってアドバイスをしてもらえればいちばんいいのですが、そうもいかないでしょうから、私が代わってひとこと提言をしたいと思います。 第二世代企業との連携を図れ! 共通ポイントの分野も競争が激しく、Tポイント、ポンタに続いて楽天市場がでて、それに続いて、ドコモ、JR...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 4

逆風にさらされる楽天 前回のブログでは、ネットからリアルに出た楽天の苦難についてお話ししました。 このような状況ですから、楽天ポイントは逆風にさらされているといえるでしょう。 悪い方向に風向きが変わったのは2012年7月に電子書籍リーダーのKobo(コボ)の取り扱いを始めたころです。 コボの評判が芳しくないのに痺れを切らして、三木谷会長兼社長が現場に直接出向いて、コボがいかに素晴らしいかを力説したところ、かえって現場の人間が委縮してしまったそうです。 それまで、三木谷社長が現場に出向いてあれこれ商品の内容を説明することはなかったために、余計なプレッシャーを与えてしまったのかもしれませ...
トレンド