Moneytreeブログ

トレンド

食費や交際費は収入の何パーセントが適正?賢い予算の立て方

マイホーム購入、老後資金など人生のイベントにはお金がかかります。手取り収入をすべて使い切ってしまうのではなく将来のために貯める必要があります。限られた収入を最大限に活用するためには食費や交際費など費目ごとに予算を立てることが大切です。  基本生活費は手取り月収の6割程度 家賃、光熱水道費、食費など生活をする上で必ずかかるお金があります。この基本生活費にかけるお金は手取り月収の6割程度と考えて、入社したばかりで手取りが少ない場合は7割程度になっても大丈夫です。例えば、手取り月収が20万円で一人暮らしのAさんの場合の例で考えてみましょう。 住居費 6万円 (手取りの30%程度。社宅やル...
トレンド

ドコモの共通ポイント、6カ月点検(後編)

岩田先生の連載第7回目、後編です。中編では、dポイント拡大の障壁についてお話ししました。後編では、これからdポイントはどこへ向かうのか、その戦略に迫ります。 dポイントの明るい兆し 今もどの陣営にも属さない全国チェーンというと、ほとんどが、Tポイントやポンタの勧誘にも負けずに、これまで孤高を保ってきた連中です。ドコモが誘ったところで、「ドコモさんだから」と二つ返事で、加盟してくれるわけはありません。それで外部への進出が遅れがちなのです。 そんな中で、明るい兆しもあります。楽天グループに入っている上新電機が今回からdポイントのグループにも入り、7月下旬以降には使えるようになるので...
トレンド

ドコモの共通ポイント、6カ月点検(中編)

岩田先生の連載第7回目、中編です。前編ではdポイントの強みとすぐれたクレジットカード戦略についてご紹介しました。しかし、その一方で、課題も残されています。それが加盟店開拓の問題です。 ポンタポイントとの微妙な関係 dポイントが最初に出てきたときにローソンに入って、同時にポンタとも提携すると言う話になったために、ある評論家は「これではdポイントはポンタに吸収されるぞ」と言ったものです。しかし、実際には吸収されるどころかいつの間にかガチンコのライバルとなったようにみえます。 しかし、ドコモはポンタと提携関係を結んでおり、ポイントを交換すれば、ポンタのネットワークを使うことはできます...
トレンド

有名監督から学ぶ人心掌握術

規模の違いはあれど、中小企業の経営者は一国の主であり、リーダーです。個人でできることは限られていますが、従業員と一体になって仕事を進めていけば、その可能性は計り知れないでしょう。従業員のやる気をうまく引き出すことによって、目指すべき目標を達成していきましょう!そこで今回は、リーダーである経営者の方々がいかに従業員にやる気を出させるか、リーダーとしての手腕を発揮するかについて、スポーツ界の有名監督を例に、いかに選手たちの持つ能力を最大限に引き出そうとしていたのかを学んでいきましょう。 従業員一人ひとりの特徴を理解して、個人に合った会話を心がけましょう! 従業員の方が些細なことで悩ん...
トレンド

ドコモの共通ポイント、6カ月点検(前編)

岩田先生の連載第7回目、前編です。ドコモが共通ポイントのサービスに参入してから、6カ月がたちました。半年が過ぎればサービスも軌道にのり全体像もみえてくる頃です。そこで、今回はドコモの共通ポイントdポイントを徹底チェック!その強みと課題について迫ります。 dポイントの貯め方は? ドコモは、昨年12月から共通ポイントdポイントカードの配布を始めています。これは、加盟店で買い物すると100円(税抜き) で1ポイント貯まり1ポイント1円で使えるという現金ポイントカード。年会費・入会金は無料で全国のローソンとドコモショップで配布しており、誰でも入手できます。この他にもクレジット機能付きdカ...
トレンド

広がる、つながる!アイデア発想法

「アイデアを出してください」―誰しもこう言われた経験があることでしょう。そして思ったはずです。「どうしよう」 ― 面白いアイデアが次々に出てくるのであれば苦労はありません。でもそう簡単にアイデアなんて出てきません。今回はアイデアを出すにはどうすればよいのかをご紹介します。 アイデアが出てこない3つの理由 そもそもなぜアイデアが出てこないのでしょうか。理由はいくつかあると思います。ここでは主なものを3つみてみます。 1.インプットが少ない アイデアは、「テーマ」と「あなたの知識や経験」との化学反応です。テーマに関連する知識や経験が少ないとアイデアは出てきません。知らないことが武器に...
トレンド

夏までに確認したい電力自由化

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。気温が上がってきて夏物の洋服を調達したくなる時期でしょうか。日本の夏が始まります。夏になると家計を苦しめるのが電気代です。今年は4月から電力小売全面自由化のスタートもあり、電気代を一層気にしている方も多いかもしれません。今日は、電力会社の乗り換えを検討する際、注意すべきポイントについて考えていきます。 電気料金の基本 オーソドックスな電気料金は大きく分けて2種類あります。1つは契約アンペア毎に基本料金が違い、基本料金に使った電力量に応じた料金が加算される「アンペア制」。2つ目は基本料金の中に15kWh等の使用料が含まれていて超え...
トレンド

これホント!?20時間でなんでもマスターするたった一つの方法

『大抵のことは20時間あればマスターできる』これを聞いて、読者のみなさんはどのように感じますか?「意外とイケるかも?」それとも「いやいや、そんな簡単いかないでしょ!」さてどちらでしょうか。 実際に試してみた この主張は、ベストセラー作家ジョシュ・カウフマンの著書『たいていのことは20時間で習得できる』の中で唱えられているものです。一方で、物事をマスターするには1万時間が必要だという主張もあります。こちらはマルコム・グラッドウェル氏のベストセラー『天才!成功する人々の法則』で唱えられていることであり、カウフマンの主張とは一線を画す内容です。 どちらが正しいかはとらえ方次第ですが、20...
トレンド

人生のイベントに必要なお金は How much?

結婚、出産、子育て、マイホーム購入、老後生活など、人生のイベントには数百万円以上のお金がかかることも。前もってお金がかかるタイミングを知り、計画的に貯蓄をしていくことがマネーで成功する近道です。 結婚・新生活費用 約220万円 「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」によると、挙式・披露宴・披露パーティーの総額は約353万円です。ご祝儀総額は約227万円でカップルの自己負担額は約143万円だそう。 また、新生活準備のためにかかった費用の平均は約77万円とのこと(新生活準備調査2015年)。カップルで約220万円(結婚式の自己負担額+新生活準備費用)を貯蓄目安にするとよいでしょう。 子...
トレンド

心に投資する旅(後編)

前回に引き続き、テクノロジーライターで、原宿アシストオン取締役の大谷和利さんのコラム「心への投資の旅」、いよいよ後編です。これまで3回にわたり、人生における充電時間としての旅について記事を書いていただきました。それでは心を充電するためには何が大切なのでしょうか?常に成果を得ることに固執しては、何も得られないかもしれません。 デザイナー 鈴木孝彦さんと偶然の再会 時は流れて昨年の3月、成田国際空港でデリー行きのエアインディア機の搭乗待ちをしていたときのこと。MacBook Proで作業をしていると、声をかけてきた人がありました。顔を上げると、そこには数年間会うことのなかった鈴木さんの姿...
トレンド