Moneytreeブログ

トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 2

楽天のよきライバル、ヤフー・ジャパン ECの雄である楽天にはアマゾンだけではなくヤフーという強敵がいます。ヤフー・ジャパンは日本のIT企業の草分けです。 2013年、ヤフーはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と組んで、Yahoo!ポイントをCCCの共通ポイントのTポイントに統合し自らO2O(オンライン・ツー・オフライン)を始めたのです。ネットからリアルへの拡張です。 全世界的に、成熟したウェブ事業者たちは、2010年頃に、ネット市場から未開拓のリアルの市場に出ていこうと動き始めました。ヤフーはもともとアメリカの企業ですからそういう流れに敏感です。   ヤフーの優れた先見...
トレンド

知っておかないと怖い中小企業の知財リスク管理

テレビドラマ「下町ロケット」のヒットで、中小企業でも知的財産(知財)に注目が集まっています。「うちの技術でもあんな逆転劇ができるんじゃないか」と考えた社長も多いことでしょう。 でもその前に思い出してみてください。「下町ロケット」は知財が原因で会社が窮地に陥るところから始まります。知財は会社に利益をもたらす可能性がある一方で、適切に管理しなければピンチを招くリスク要因でもあるのです。この機会に知財について簡単に知っておきましょう。 なぜ知財リスク管理が必要なのか? 知的財産はその名のとおり「財産」です。土地や建物、お金と同じですね。形のないものなので「無形財産」と言われたりもします。...
トレンド

楽天の経営中枢にはミセス・ミキタニがいる!? Part 1

ミセス・ミキタニとは アメリカでは、だいぶ前から、日本のFXブームを象徴するある人物の名前が話題になっています。その人物とはミセス・ワタナベ。毎日、家事の合間にFXで稼いでいるカリスマ主婦、それがミセス・ワタナベです。といってもミセス・ワタナベは実在する人物ではありません。主婦としての仕事に一切手は抜かず、FX投資にも真剣に取り組む勤勉な日本人個人投資家のことです。 一方、日本には、ミセス・ワタナベ以上に活躍している女性がいることをご存じですか。その人物の名前はミセス・ミキタニ。彼女はポイントサービスの裏の仕掛け人として楽天市場で大活躍しています(と私は思っています)。 楽天スーパ...
トレンド

脇毛の生えたチャンスの神様

掴むチャンスは一度きり? 「チャンスの神様は前髪しかないよ、絶対に逃しちゃダメ!」 なんてセリフ、どこかで聞いたことはないだろうか。 このたとえ話、女子会やビジネスシーン、ドラマなんかでよく使われる何とも効き目のある万能薬。「そ、そうだよね!!!!」なんて次の瞬間に主人公が目を覚まし、雨の降る道を傘なしで走っていっちゃいそうなシーンが目に見えるようだ。 そもそもどんなたとえ話なのか。目の前に走ってくるチャンスの神様は前髪しか生えておらず、瞬時の判断で神様の前髪を掴みチャンスをゲットできなければ、その神様は過ぎ去り、二度と同じチャンスには恵まれることはない。 あとは体が真横を通り...
トレンド

キャッシュレスのすすめ:第3回

こんにちは、サッシャです。キャッシュレスのすすめ第3回、今回は2000年初頭に登場したおサイフケータイが、どのように電子マネーの普及に貢献したのか、その背景に迫ります。 おサイフケータイの登場 それまでなかなか広がらなかった日本での電子マネー。その普及に大きな役割を果たしたのが「携帯電話」でした。そう!まだスマートフォンが普及する前の2004~2006年あたりから相次いで「Edy」(現在の「楽天Edy」)、「モバイルSuica」が携帯アプリを開発し「おサイフケータイ」という言葉が一気に広がりました。 それまでの独立したカード型の電子マネーやクレジットカード内臓の電子マネーと比べて大...
トレンド

仕事に活かす為のアンテナを立てた休日の過ごし方

月曜日から通勤電車に揺られ、やっと訪れた週末をどのようにお過ごしでしょうか? 完全に仕事のことを考えずに過ごすのも良いかもしれません。しかし、自身の仕事のことを考えずとも、休みの日に体験するサービスを通して、自身のビジネスシーンに生かすことも可能です。それは遊園地での家族サービスでも、近所の買い物でも、アンテナの立て方次第で変わってきます。 ショッピングモールの店舗でトレンドを知る 休みの日に混雑しているショッピングモールに買い物に行くことは、体自体は休まりません。しかし、前向きにとらえることで世の中のトレンドを体感することができます。ショッピングモールは良くも悪くも様々な年齢、性別、...
トレンド

圧倒的に仕事のスピードを上げる論理的思考力

みなさんは「論理的思考力」と聞くとどのようなことを想像しますか?英語で言い換えると、「ロジカルシンキング」、なんて言い方もします。そう聞くと、ややとっつきにくい印象を持たれるかもしれませんね。ここでは、論理的であることを、あえて「根拠があって、相手が納得してくれる表現」としてみたいと思います。いかがでしょう?これならば少しはとっつきやすくなったのではないでしょうか。 論理的思考力と書くと仰々しいのですが、論理的であることとは、伝えたいことと根拠がセットになっていることなのです。そして、それによって相手に自分の主張がスムーズに伝わり、納得してもらいやすくなるのです。 日々の仕事は、メー...
トレンド

お金を色分けしてみる

貯まったお金や、これから貯めるお金、どういった考えで管理していいか、迷うこともあるかもしれません。そんな時には、お金を色分けして考えてみるというのも1つの方法です。 使うお金、守るお金、ふやすお金 お金は、使う、守る、ふやすの3つの目的に色分けすると考えやすいと言われています。 「使うお金」は、毎日の生活や、入院、転職など何か起きたときに対応するためのお金のことを言います。 「守るお金」は、5年後や10年後などに必要になることが見えているお金のことを指します。結婚資金や、教育費、住宅購入の頭金など、少し先のことを考えると支払うことが見えている費用のことですね。 「ふやすお金」は...
トレンド

食費や交際費は収入の何パーセントが適正?賢い予算の立て方

マイホーム購入、老後資金など人生のイベントにはお金がかかります。手取り収入をすべて使い切ってしまうのではなく将来のために貯める必要があります。限られた収入を最大限に活用するためには食費や交際費など費目ごとに予算を立てることが大切です。  基本生活費は手取り月収の6割程度 家賃、光熱水道費、食費など生活をする上で必ずかかるお金があります。この基本生活費にかけるお金は手取り月収の6割程度と考えて、入社したばかりで手取りが少ない場合は7割程度になっても大丈夫です。例えば、手取り月収が20万円で一人暮らしのAさんの場合の例で考えてみましょう。 住居費 6万円 (手取りの30%程度。社宅やル...
トレンド

ドコモの共通ポイント、6カ月点検(後編)

岩田先生の連載第7回目、後編です。中編では、dポイント拡大の障壁についてお話ししました。後編では、これからdポイントはどこへ向かうのか、その戦略に迫ります。 dポイントの明るい兆し 今もどの陣営にも属さない全国チェーンというと、ほとんどが、Tポイントやポンタの勧誘にも負けずに、これまで孤高を保ってきた連中です。ドコモが誘ったところで、「ドコモさんだから」と二つ返事で、加盟してくれるわけはありません。それで外部への進出が遅れがちなのです。 そんな中で、明るい兆しもあります。楽天グループに入っている上新電機が今回からdポイントのグループにも入り、7月下旬以降には使えるようになるので...
トレンド