Moneytreeブログ

トレンド

発想力を高めるアート鑑賞法

私たちは仕事でも普段の生活でも、時として壁にぶちあたり突破口が見えなくなることがあります。解決策が見えなかったり、新しいアイデアが出てこないと途方にくれます。新しいものを生み出す時には、今見えている世界から抜け出す発想の転換や新しい視点が必要となります。今回はアート鑑賞を通じて、どのように新しい視点を持ち、発想力を鍛えていくかを考えていきたいと思います。 視点を変えて壁を越える 現代アートに苦手意識を持つ方の言葉に作品を見ても「わからない」という言葉があります。私たちは正しいのか正しくないのか、正解を求める教育を受けているので、理解できないものに直面すると「わからない」という言葉で考...
トレンド

初心者から始める資産運用の考え方

iDeCo(個人型確定拠出年金・イデコ:以下「iDeCo」)では元本保証型の定期預金や保険商品の他、運用成績によって受給額が変わる投資信託などの金融商品を積立購入することができます。選ぶ商品によっては投資を行うことになるため、投資の基本についても確認しておきましょう。 リスクは金額でコントロールする 資産運用で額面が増えたり減ったりするリスク商品を取り入れる場合、その変動の度合いは金額でコントロールすることができます。例えば、確定拠出年金で毎月2万円、積立てを行う場合、2万円すべてを預金にすれば変動幅はほとんど無くなりますし、2万円すべてを外国株式投資信託などにすると変動幅は比較的大き...
トレンド

わかりやすいFinTechイノベーションとしての海外送金

サイクロン掃除機や羽根のない扇風機、ヘアドライヤーなどの革新的な製品群で知られる英国ダイソンの創立者、ジェームズ・ダイソン氏は、ただ1つのことを除いて、絶対に人に対するアドバイスをしません。唯一の例外は「アドバイスを聞くな」。つまり、すでに何事かを成し遂げた人の助言を聞いても、同じことしかできないということなのです。 前例のないことに対してアドバイスできる人はいない 世界を変えるには、人と違うことをする必要があります。過去にないことに挑む以上、そもそもアドバイスできる人は居ないはずというのが、彼の持論です。 また、漫画家で、京都精華大学学長の竹宮恵子さんも、次のようなことを話されてい...
トレンド

Apple Pay Cashの登場で加速するソーシャル・ペイメント

先日行われたアップルの開発者向けイベント、WWDC 2017のキーノートは軽く2時間を超え、例年以上に盛りだくさんの内容で充実していました。 アメリカで大人気となっているアマゾンのAIベースのスマートスピーカー、Echoに対抗するHomePodも発表されましたが、実際の発売が12月で、しかもその時点では英語版のみのリリース(販売地域も、アメリカ、イギリス、オーストラリアに限定)という点は非常に気がかりです。Echoは、ここ数ヶ月の間に日本語版も発売されるといわれ、価格的にも安いので、その牙城を崩すことは、いかにアップルといえども、なかなか難しいように感じられます。 この秋リリース予定...
トレンド

越境ECの最後の1マイル、ならぬ最後の数千マイルを埋める電子送り状サービス

今回は、いきなりクイズからスタートしますが、英語で一番長い単語は何かわかりますか? 答えは、最後に書くことにします。 アメリカの通信、流通業界の覇者を決める"last 1 mile" さて、かつて和製ポップスで、”500マイル離れても、この愛を貫く…”といった内容の歌詞がありました。 500マイルというと約800キロに相当し、東京から札幌、あるいは広島あたりまでの距離です。 日本ならば、そこそこ遠距離恋愛と呼べるかもしれませんが、マイルの本場(?)であるアメリカでは、サンフランシスコから同じカリフォルニア州内のサンディエゴ程度の距離なので、個人的には歌にするほどは離れていないよ...
トレンド

レジリエンスな働き方ってなんだろう?

「働き方改善」「ワークライフバランス」「生産性の向上」最近は、働くことについて、いろいろなキーワードが取り上げられていますが、今回は、働くうえでの「気持ちの持ち方」「立ち振る舞い方」に注目してみたいと思います。 みなさんは、「レジリエンス」という言葉をご存知でしょうか。NHKの番組でも取り上げられたりするようになり、再度注目があつまっています。元々は物理学から発生した単語のようですが、心理学用語として昔から認知されている言葉です。 とは言っても一般的には余りなじみがない用語だと思います。この聞きなれない「レジリエンス」という言葉を少し追っていきたいと思います。 レジリエンスの意味は...
トレンド

住民税見直し月の6月に考える、ふるさと納税

6月といえば、お給与から控除される住民税が更新される月です。住民税は昨年度の所得を元に計算します。昨年、ふるさと納税をした人は正しく減税されているか確認したいですね。ふるさと納税をまだ試したことがない人も、住民税更新の6月をきっかけに、その仕組みをおさらいしてみましょう。 実質2,000円で返礼品ってどういう仕組み? 先日、「ふるさと納税って、1万円寄附して2,000円を除く8,000円が控除されるっていうけど、所得控除だから、実際の減税額は収入によって違うんですよね」と尋ねられました。 減税につながる控除には、確かに”所得控除”と”税額控除”の2種類があり、どちらの控除なのかで効果...
トレンド

電子マネーとクレジットカードの利便性やリスク、把握していますか?

駅の改札で「ピッ」、コンビニのお買い物でも「ピッ」と、電子マネーの普及率はかなりの高まりです。もちろん、デパートでのお買い物や、飲食時の決済手段として、クレジットカードも不動の地位を確立しています。 みなさんは、電子マネーとクレジットカードの特徴や違いについて、ご存知ですか?漠然と理解はしているものの、本質や利便性、リスクなど、意外に知られていないことも多いと思われます。今回はその内容をご紹介して、両者の上手な使い方について考えていきましょう。   電子マネーに関する基礎知識 「電子マネー」とは、電子的なデータに貨幣の価値を持たせたものです。具体的には、現金をやりとりする代わりに、あ...
トレンド

視点を変える!効果的な本の読み方(ビジネス書から漫画・小説まで)

本を読むのは好きですか?好きではない方も、1冊か2冊は読んだことはありますよね。今回は、本の読み方について考えてみたいと思います。 視点を変える!効果的な本の読み方 ビジネス書編 まずはビジネス書についてです。このブログをご覧になっているみなさんならば、ビジネス書をよく読まれるのではないでしょうか。ビジネス書を選ぶときには、何かしらご自身で興味があり、またそこに書かれている内容を自分の糧にしたいと思っている場合がほとんどだと思います。 さて、みなさんに問いたいと思います。ビジネス書を読んだ後、ご自身は何かしら変わっているでしょうか?ほとんどの方が「変わっていない」とご回答されると...
トレンド

会社を定時に帰って何をする?

近頃、大手企業による労働時間の問題が大きく取り上げられるようになってきました。マスコミで取り上げられるような社員が過労で自殺に追い込まれるようなケースまでも起きてしまいました。ただ、単純に労働時間の問題だけではなく、上司とのコミュニケーション等複雑な問題が絡み合っている場合が多いので残業時間が長いという理由だけではありません。ただし、少なくとも全国の企業は残業時間の削減の方向に向かっていっています。 2月24日には、政府と経団連が動いていた、月末の金曜日に15時に退社する「プレミアムフライデー」が実施されたことも記憶に新しいですよね。定時刻で会社なんか帰れないという意見や結局仕事を家に...
トレンド