Moneytree Trendsでは色々なデータを分析する事で面白いニュースを皆様に届けていますが、今回は日本国内の会社と海外の会社を色んな角度から比べてみました。

データはMoneytreeに登録されている取引金額(消費者が使った金額)、取引個数を元に、各カテゴリにおいて外資系と日本企業の1位を算出し、比較したものになります。 カフェ、アパレル、クレジットカード、自動車保険、ファストフード、ECサイト、家具チェーンなど多くの分野で面白い発見あり、そして何より美しいデザインでそのデータをこれから投稿していきます。


執筆者:マネーツリー編集部

2012年に日本で起業。2013年より自動で一括管理する個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年より金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。2017年よりオーストラリア市場でサービスを開始。創業当初よりSalesforce Ventures、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわるもっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

これからの時代の強い味方
Moneytreeで資産管理を始めよう

  • Download on the App store
  • Androidアプリ Google Play