マネーツリー マガジン・ブログ

必要な時だけ保険、1日保険・オンデマンド保険

金融(Finance)と技術(Technology)からの造語であるFinTechは、技術の力で金融を便利にする流れです。保険(Insurance)においても、インシュアテック、インステックという言葉があります。 多くの人がスマホを持つことによって、スマホで契約完結できたり、1日だけの小口契約ができるようになっていることも、インシュアテックの1つと言えそうです。そこで、今回はインシュアテックの流れと新たな保険サービスについて紹介したいと思います。 インシュアテック、リスク細分化だけじゃない 一般的に、インシュアテックとは、健康を心がける生活習慣がある人や、自動車事故が少ない人の保険料...
トレンド

日本と違う世界の常識、少子高齢化が進むシンガポールの政策

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。日本で生活をしていると、自国の制度や仕組みが当たり前のように感じてしまうものですが、外国での生活を体験すると、日本の常識は、他国からすれば非常識であることがあります。ブログで数回に渡り、日本の常識と世界の常識について紹介していきたいと思います。他国の制度や仕組みに目を向けて、ぜひご自身の資産運用の参考にしてください。 私は2015年から夫の転勤がきっかけで、家族とシンガポールに移住しました。拙著『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』では、その賢くて合理的な小国の知恵を記しています。シンガポールは日本同様資源が少なく...
トレンド

カナダのトップ銀行はなぜ顧客に引越しの心得を説くのか?

先日、アメリカを訪れて、日本でも多くの店舗を展開しているアパレルブランドギャップの店舗に立ち寄った際に、店内のあちこちに置かれた注意書きに目が止まりました。そこには(原文は英語ですが)、こんなことが書かれていたのです。 「自分のサイズがない場合にはお申し付けください。店の在庫が品切れの場合は、後日、無料で配送します。」 もしかすると、何年か前からこのサービスを提供していたのかもしれませんが、同社のオンラインストアでは、今も特別なイベントやキャンペーン時以外は送料がかかるのに対し、実店舗では「在庫切れ」のアイテムに限るとしても、商品を自宅まで無料配送してくれるというのです。   このサ...
トレンド

京葉銀行アプリの「一生通帳 by Moneytree」に支出グラフとPUSH通知が追加されました

2018年8月1日より、京葉銀行のスマートフォンアプリ内の「一生通帳 by Moneytree」に、新たに「支出グラフ」と「PUSH通知」の2つの機能が追加されました。 ・支出グラフの追加について 登録口座の取引明細のうち「支出項目」をグラフ化し、月別に確認できます。 ・PUSH通知の追加について 「振込給与」や「大口取引」「預金残高の低下」等の通知設定ができます。 支出グラフとPUSH通知の画面イメージ 京葉銀行のアプリは、マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」が採用されています。Moneytree IDの所有者は、京葉銀行の...
プロダクト

確認しておきたい、働けなくなった時に使える制度や保険

前回のブログ、会社員なら知っておきたい『特定支出控除』とは、では会社員が確定申告で経費として申告できる内容について紹介しました。 今回は、働けなくなった時に使える制度や保険について紹介します。「病気やケガで働けなくなったらどうしよう」。仕事を持つ方であれば、誰しも一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。特に、家族を養っている場合、休職した時の家計への影響を考えるととても不安なものです。 そうした不安に応える形で、最近では「就業不能保険」と呼ばれる保険が注目を集めています。しかし、万が一休業せざるを得ない状況になった時には、まずは公的な制度を利用することができます。 まず確認...
働く

現金持たずに海外旅行?スマホを使いこなして便利でお得に

今年、3月にマレーシアに出かけましたが、期せずして現金を1円も現地通貨に換金することなく帰国することになりました。海外でもタクシーにアプリで乗れ、カードをはじめとした決済手段が広がっています。 スマートフォンを使いこなすことで、海外旅行もよりお得で便利になりそうです。具体的にどのようなサービスを使うとお得感を得られるか、私の経験を例に見ていきたいと思います。 タクシーはアプリを使えば安心かつ経済的 GrabやUberなど、海外でタクシーを呼び出し、支払いも済ませてしまうことができるアプリが浸透しています。不慣れな土地でタクシーを頼む際、正しく目的地に到着できるか、妥当な金額で支払いを...
キャッシュレス

仮面投資女子に学べ!資産運用にiDeCoはいかが?

「お金の常識をカエル。」をテーマに、お金に関するさまざまなことを軽快なタッチとともにわかりやすく伝えるFROGGY(フロッギー)の記事から、資産運用を始めた仮面投資女子たちの秘密の会話に注目してみました。 NISA・外貨積立・投資信託、そしてiDeCo。さまざまな資産運用をしているRさん。iDeCoについては次のように語っています。 Rさん:月2万円、iDeCoもやってるよ。ざっくりいうと60歳まで下ろせない年金みたいなものなんだけど、これも非課税だから普通の年金よりもお得だよ。 ちなみに私の場合は月2万円やってて、去年は年末調整で3万5,000円くらい戻ってきたかな、た...
投資

自由な生活だからこそ気をつけたい「おひとりさま」向け投資方法

自分にあった投資商品の選び方として、貯蓄型保険・株式・投資信託の特徴、高校生までの子供がいる世帯の投資商品の選び方、大学生以上の子供がいる世帯の投資商品の選び方、子供がいない夫婦「DINKS」向けのポートフォリオを紹介してきました。今回は、そもそも結婚する意向がなく「おひとりさま」としての人生を楽しもう、と考えている方、今後結婚したり子供を授かろうという計画もあるが、実際には違う選択をする可能性がある、という方におすすめポートフォリオを紹介します。 「おひとりさま」の場合、パートナーの状況や教育資金を考える必要はありません。ただ、家族からの支援が得られない可能性が高くなりますので、ご自...
投資

岩田昭男のクレジットカード診断。増えすぎたカードのリストラ事例

皆さんは、クレジットカードを何枚所有しているでしょうか?「ポイント」を付けたいから、便利だから、と所有していても、枚数が多いと効果的にポイントを貯めることが難しくなります。また、電子マネーやポイントカードも所有しすぎてお財布がかさ張り、使う時に取り出しにくく時間がかかっていては本末転倒です。 今回は私が、多くのクレジットカードを持ち過ぎて困っている主婦の佐藤さん(仮名)の相談を受けて、クレジットカードのリストラ診断をすることになりました。 佐藤さんはクレジットカードや電子マネーなど合わせて18枚持っていました。ここまでにならないまでも、お財布がクレジットカードでいっぱいとなり困ってい...
キャッシュレス

外国人労働者が生み出すフィンテック市場の可能性

先月カナダで開かれた、主要7カ国首脳会議、いわゆるG7サミットで移民政策を議論中に、トランプ米大統領が安倍首相に「シンゾー、君(の国)にはこの問題はないだろう。だが、私が(日本に)メキシコ人を2,500万人送り込めば、君はすぐ退陣することになる」と話したことが議論を呼びました。 移民とは無縁の日本?私たちに欠けている視点 確かに日本では、他国からの留学生の姿はよく見かけるようになったものの、移民や難民となると、ほとんど意識にも上らないほど、無縁のものと思われているフシがあります。 しかし、移民ではないものの、発展途上国の若者などが日本で3年間の技術実習を受けられる技能実習制度には、農...
トレンド